ノーログポリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノーログポリシー英語: no logs policyno-logging policy)は、主にVPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事である。ログを取らなければログが漏洩することもないため、プライバシー保護の観点からノーログポリシーを採用しているVPNサービスプロバイダーは複数ある。

概要[編集]

ノーログポリシーは、複数のVPNサービスが言及しており[1][2]、ほとんど場合において「利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事」である。これは主に利用者のプライバシー保護のために行われる。

ノーログポリシーは、VPNサービスプロバイダーのウェブサイトなどで言及され、利用規約やプライバシーポリシーに登場することがある。

ただし、このノーログポリシーに正確な定義はなくサービスごとに解釈や技術的な実施方法が多少異なる。

ノーログポリシーを謳う主なサービス[編集]

以下は強固なセキュリティを提供するが、サービス継続には利用者の道徳的な利用が必要である。

VPNサービスプロバイダー[編集]

  • ExpressVPN
  • Mozilla VPN - ウェブサイト上で「No logging of your network activity(→編集者訳: あなたのネットワーキングアクティビティを記録しません)」と言及[3]
  • NordVPN
  • ProtonVPN - ウェブサイト上で「No-log policy」に言及[1]
  • Riseup - ウェブサイト上で「Riseup does not log your IP address(→編集者訳: RiseupはIPアドレスをログに記録しません)」と言及[4]

電子メールサービス[編集]

DNSサーバ[編集]

検索エンジン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ProtonVPN: Secure and Free VPN service for protecting your privacy” (英語). ProtonVPN. 2020年5月16日閲覧。 “No-log policy ProtonVPN is a no logs VPN service. We do not track or record your internet activity, and therefore, we are unable to disclose this information to third parties.”
  2. ^ No-logging of user activity policy - ガイド” (英語). Mullvad VPN. 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ Mozilla VPN: Protect Your Entire Device”. Mozilla Foundation. 2020年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  4. ^ VPN - riseup.net” (英語). riseup.net. 2020年5月20日閲覧。