PicoBlaze

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PicoBlazeは、ザイリンクスが自らのFPGACPLD製品向けに提供しているソフトプロセッサコアの名称である。PicoBlazeは8ビットRISCアーキテクチャに基づき、FPGAのVirtex 4シリーズの上で、100MIPSを達成することが出来る。プロセッサは広範囲の周辺機器へのアクセスのため、8ビットのアドレスとデータポートを持っている。このコアのライセンスは、ザイリンクスのデバイスの上であれば、無料で動作させることを認めていて、開発環境も提供されている。サードパーティのツールがMediatronix等から入手可能である。ビヘイビア合成による、このコアから独立した、デバイス非依存の実装のPacoBlazeが、BSDライセンスの下でリリースされている。

PicoBlazeの設計は、当初"Constant(K) Coded Programmable State Machine"(その前は「ケンチャップマンのPSM」/"Ken Chapman's PSM")を表すKCPSMと名づけられていた。ケン・チャップマンはPicoBlazeを考案し実装したザイリンクスのシステムデザイナーであった。[1]

VHDLでPicoBlazeマイクロコントローラを実装するときは、それぞれのKCPSM部品の名前を使用しなければならない。[2] 例えば、PacoBlaze3プロセッサでは以下のようになる:

 component kcpsm3 is
   port (
     address : out std_logic_vector(9 downto 0);
     instruction : in std_logic_vector(17 downto 0);
     port_id : out std_logic_vector(7 downto 0);
     write_strobe : out std_logic;
     out_port : out std_logic_vector(7 downto 0);
     read_strobe : out std_logic;
     in_port : in std_logic_vector(7 downto 0);
     interrupt : in std_logic;
     interrupt_ack : out std_logic;
     reset : in std_logic;
     clk : in std_logic
     );
 end component;

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ PicoBlaze 8-bit Microcontroller”. Xilinx, Inc.. 2007年6月25日閲覧。
  2. ^ PicoBlaze 8-bit Embedded Microcontroller User Guide”. Xilinx, Inc.. 2007年6月25日閲覧。