PARIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PARIS
Paris
監督 セドリック・クラピッシュ
脚本 セドリック・クラピッシュ
製作 ブリュノ・レヴィ
出演者 ジュリエット・ビノシュ
音楽 ロイック・デュリー
撮影 クリストフ・ボーカルヌ
編集 フランシーヌ・サンドベルグ
配給 日本の旗 アルシネテラン
公開 フランスの旗 2008年2月20日
日本の旗 2008年12月20日
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

PARIS』(パリ、Paris)は、2008年のフランス映画。愛国的な映画でフランスで170万人が観たという[1]。『女と男のいる舗道』の中の本物の実在の哲学者との対話のシーンがソルボンヌ大学に通う女子大生と初老の歴史学の大家が個人的に親密になるエピソードになっている[1]

ストーリー[編集]

ムーランルージュのプロダンサー、ピエールは自分の心臓が病に冒されている事を、姉のエリーズに打ち明ける。パリの街を舞台にそこで暮らす人々と彼らの想いの交錯を描く。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 副島隆彦『政治映画評論 ヨーロッパ映画編』(ビジネス社 2015年)。