Mobile Information Device Profile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Java Platform, Micro Edition > Mobile Information Device Profile

Mobile Information Device Profile(略称MIDP)は、携帯電話PDAのような組み込み機器でのJavaの利用について記述した仕様である。MIDPは Java ME フレームワークの一部である。MIDPはCLDCと組み合わせて利用する。

歴史[編集]

MIDPは以下の三種類がJCPの下で開発された。

日本での採用[編集]

日本ではau(ezplus、EZアプリ (Java)オープンアプリプレイヤー)、ソフトバンクモバイルS!アプリ)、ウィルコムで採用されている。NTTドコモiアプリはMIDPでは無く、DoJaプロファイルである。

Lightweight User Interface Toolkit[編集]

MIDP上で動く、高レベルなUIライブラリとして、Lightweight User Interface Toolkit (LWUIT)も提供されている。Swing風のAPIと機能を提供している。

開発ツール[編集]

SDK としては、Java ME 全体の SDK として、Java ME SDK 3.0 が配布されている。

MIDPアプリケーションを開発するにはいくつかの異なった方法がある。コードはメモ帳のようなテキストエディタで記述するか、またGUIを持ったNetBeansまたはEclipse(適切なプラグインを組み込む)のような高度な統合環境を利用できる。また、MotorolaによってEclipseベースの統合開発環境「MOTODEV」が無償配布されている。

MIDP 1.0から存在するAPI[編集]

コアAPIはConnected Limited Device Configuration(CLDC)コンフュギレーションを基礎として定義されている。

javax.microedition.io[編集]

I/O操作に関してJava ME仕様クラスを含む。

javax.microedition.lcdui[編集]

GUIで使用されるJava ME仕様クラスを含む。通常、携帯電話は液晶ディスプレイ(LCD)を使用するためLCD UIと呼ばれる。 このAPIは固有のディスプレイ技術用に特化しているわけではない。

javax.microedition.rms[編集]

Java ME用の永久ストレージの操作を含む。

javax.microedition.midlet[編集]

Java MEアプリケーションの基本クラスを含む。

MIDP 2.0で追加されたAPI[編集]

MIDP 2.0ではゲームおよびマルチメディアAPIの導入といくつかのオプションパッケージが追加された。

javax.microedition.media[編集]

マルチメディア再生に関する基本クラスを含む。おそらくJSR 135であるJava Mobile Media APIのサブセットがある。

javax.microedition.lcdui.game[編集]

簡単な2Dスプライトをベースとしたゲームを支援するゲームAPI。

javax.microedition.pki[編集]

セキュアな接続に関する証明API。

MIDP 1.0 の制約[編集]

MIDP 1.0はキー状態の取得ができない。MIDP 1.0はアクティブレンダリングAPIを持っていない。MIDP 1.0はオーディオをサポートしていない。MIDP 1.0はHTTPだけサポートしている。仕様に実装の自由があるため、実装において違いが生じる。

外部リンク[編集]