JavaFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JavaFX
開発元 オラクル
最新版 8 / 2014年3月18日(3年前) (2014-03-18
プラットフォーム Javaプラットフォーム
対応言語 Java
種別 リッチ・インターネット・アプリケーション
ライセンス EULA, 一部 GPL+リンク例外[1]
公式サイト www.oracle.com/technetwork/jp/java/javafx/
テンプレートを表示
Javaのエディション
Duke (Java mascot) waving.svg
Javaカード
Micro Edition (ME)
Standard Edition (SE)
Enterprise Edition (EE)
JavaFX

JavaFX(ジャバエフエックス)とはJava仮想マシン上で動作するリッチインターネットアプリケーション (RIA) のGUIライブラリである。Java SE 7 Update 2以降に標準搭載されている。Swingとは異なり、FXMLと呼ばれる XMLCSSを併用してデザインを記述する。

概要[編集]

JavaFXは2007年5月8日のJavaOneでお披露目された。この時点でRIAプラットホームとしてはすでにAdobe Flexが普及しており、Microsoft Silverlightのリリースが2007年9月6日に迫っていた。JavaFXは3番目のRIAプラットホームである。

JavaFXは従来のAWTSwingによるJavaのGUI開発をより簡単に、その表現力をよりリッチにした新しいプラットホームである。JavaFXではアニメーションするGUIを簡単に作成することができ、Java AppletおよびJava Web Startを用いてブラウザを通じて簡単に配布・実行できるRIAプラットフォームとなっている。JavaFX自体はブラウザを要さず、単体のJavaアプリケーションとして実行することが可能である。

フィーチャーフォンなどの組込み向けのJava ME上で動作する JavaFX mobile 1 が2009年2月12日にリリースされたが、JavaFX mobile は JavaFX 2 のリリースとともに廃止。新たにスマートフォン向けのバージョンが計画されている。

JavaFX 1[編集]

JavaFX Scriptと呼ばれるプログラム言語を用いて開発する仕組みだった。JavaFX 1 は2008年12月4日リリース。

JavaFX 2[編集]

JavaFx 2.0以降、JavaFXを用いるアプリケーションは、「普通の」Java APIを利用して、「普通の」Javaコードで書くことになった。JavaFX ScriptはOracleにより廃止されたが、開発はVisageプロジェクトで続いている[2]

JavaFX 2.0 は2011年10月10日リリース。

2.0 は Windows のみの対応だったが、2.1 から macOS に、2.2 から Linux に対応。

JavaFX 8[編集]

JavaFXは、Java 8(2014年3月18日リリース)からJRE/JDKの一部となり、バージョン番号も同じ番号にそろえ てJavaFX 8 となった。

参照[編集]

  1. ^ OpenJFX Project”. オラクル. 2011年12月7日閲覧。
  2. ^ Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting”. 2016年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]