BeanShell

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BeanShell
パラダイム オブジェクト指向言語スクリプト言語
登場時期 1999
設計者 JCP
最新リリース 1.3.0/ 2003年8月 (2003-08)
評価版リリース 2.0b6 / 2016年2月18日 (2016-02-18)
型付け 強い動的型付け
影響を受けた言語 Java, JavaScript, Perl
プラットフォーム JVM
ライセンス Apache v2.0,SPL / LGPL (Versions 2.0b4 and earlier)[1][2]
ウェブサイト www.beanshell.org
テンプレートを表示

BeanShell は、Patrick Niemeyerによって開発されたJava風の スクリプト言語である。 Java Runtime Environment(JRE)上で動作し、Javaから派生した文法とスクリプティング向けのコマンド・文法を兼ね備えている。

特徴[編集]

BeanShellを用いて、開発者はスクリプト内で呼び出す関数を定義することができる。BeanShellでは「過剰な言語拡張や糖衣構文で文法を乱さない」という原理が通底しているため、Javaコンパイラ向けに書かれたコードは多くの場合そのままBeanShellのインタプリタが解釈・実行することが可能である。同様に、BeanShell向けに書かれたコードの多くはJavaのコードとしてコンパイル・実行が可能なものとなっている。このことで、BeanShellはJVMプラットフォームにおける人気のテストツール・デバッグツールとなっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Niemeyer, Pat. “BeanShell Software License”. beanshell.org. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ BeanShell”. github.com. 2016年1月13日閲覧。