Magento

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Magento
開発元 Magento → アドビシステムズ(2018年5月 - )
初版 2007年8月31日(12年前) (2007-08-31
最新版 2.3.3 / 2019年10月8日(3か月前) (2019-10-08
リポジトリ https://github.com/magento
プログラミング言語 PHP
対応OS Linux
プラットフォーム x86-64
対応言語 翻訳率の高いものを記載:英語、日本語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、クロアチア語、イタリア語、オランダ語、ベルギー語、ポーランド語、ベトナム語、ポルトガル語、ペルシャ語、トルコ語、ブルガリア語、インドネシア語
種別 CMS
ライセンス Open_Software_License
公式サイト Magento
テンプレートを表示

Magento(マジェント)は、PHPで書かれた電子商取引を構成するためのオープンソースプラットフォームであり、世界で最も著名な電子商取引システムのうちの一つである。

アドビシステムズのExperience Cloudのラインナップに統合されている。

無償のオープンソース版と有償のMagento Commerce、Magento Commerce Cloudがあり、Magento Commerceはオンプレミス型で提供され、Magento Commerce CloudはSaaS型のクラウドコンピューティングシステムとして提供される。

100,000以上の電子商取引サイトで利用されており、ソフトウェアダウンロード数としては250万回を超え、2019年の中でMagentoを使用して総額115億ドル(の取引が行われている。2017年までは世界の電子商取引サイト総数の中で30%のシェアを獲得していた。

2015年11月17日にMagento2.0がリリースされ、テーブルロックの問題の解消、ページキャッシングの向上、エンタープライズ領域のサイトに対するスケーラビリティの強化、構造化データの対応、ファイル構造を整理することによるカスタマイズ性の向上、LESSプリプロセッサとするCSS、パフォーマンスの向上といった変更が加えられた。

RDBMSにはMySQLまたはMariaDBが採用され、プログラミング言語としてはPHP、そして一部Zend frameworkが使用されている。これはオブジェクト指向型プログラミングとMVCが採用されていることが伺える。EAV(Entry Attribute Value)と呼ばれるデータモデルが採用されている。フロントエンドにはJavaScriptライブラリのうちの1つつであるKnockoutJSが採用されている。

Magento 2.3.3[1]のバージョンには、よりモバイル機器での操作性向上を実現するPWA Studio 4.0.0やGraphQLの対応が追加され、ヘッドレスアーキテクチャ(デカップルドアーキテクチャ)実現のための対応が強化されている。

特徴[編集]

  • ウェブサイト、ストア、ストアビューという3層構造の構成が可能であり、1つのMagentoにおいて、複数のウェブサイト・ストア・ストアビューの構成が可能である。
  • ストアビューごとに言語指定することで、多言語の切り替え表示が可能である。これが多言語対応と称される。
  • ウェブサイト単位で標準の通貨を指定し、決済通貨及び商品価格通貨として利用される。標準通貨から換算した他の通貨を表示する切り替えが可能であり、これが多通貨対応と称される。
  • 多くのサードパーティー製の拡張プログラムに当たるエクステンションや、電子商取引向けサービスが提供されている。
  • 画面デザインを構成するテーマがThemeforestなどにより多く公開されている。
  • 大量の商品データを高速処理するためのデータモデルの採用や、大量のアクセスに対応するためのRedisVarnish Cacheと言ったミドルウェアに標準対応している。
  • PCIデータセキュリティスタンダード認証のレベル1を取得している[2]

歴史[編集]

2007年に開発が開始され、7ヶ月後の2007年8月31日にはじめのベータバージョンがリリースされる。当初osCommerceからフォークされたコードで作られていたが、後に全て書き換えられる。

Best of Open Source Software AwardsとSourceForge Community Choice Awards[3]に表彰される。

2011年2月、eBayが2010年にMagentoの会社のうち49%のシェアを獲得したと発表する。2011年6月にeBayはMagentoの残りのシェアを買収し、X.Commerceイニシアチブに参加すると発表。MagentoのCEOおよび共同設立者であるRoy Rubinは、Magentoのブログで「マジェントは引き続きロサンゼルスから事業を展開し、Yoav Kutnerと私をリーダーとして運営していく。」と書いている。

2012年4月にYoav Kutnerが去る。

2015年11月3日MagentoはPermira private eauityの出資を得てeBayから独立し、独立企業となる。

2018年16.8億ドルでアドビシステムズに買収[4]され、Experience Cloudに統合されると発表され、2018年11月19日に買収が完了される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]