東京建物京橋ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LIXIL:GINZAから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京建物京橋ビル
LIXIL GINZA.JPG
情報
用途 オフィス
設計者 西松建設
施工 西松建設
建築主 東京建物
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 547.1 m²
延床面積 4,419.79 m² (容積率808%)
階数 地上10階・地下1階・塔屋1階
エレベーター数 2基
竣工 1981年1月
所在地 104-0031
東京都中央区京橋三丁目6番18号
座標 北緯35度40分31.1秒 東経139度46分10.4秒 / 北緯35.675306度 東経139.769556度 / 35.675306; 139.769556座標: 北緯35度40分31.1秒 東経139度46分10.4秒 / 北緯35.675306度 東経139.769556度 / 35.675306; 139.769556
テンプレートを表示

東京建物京橋ビル(とうきょうたてものきょうばしビル)は、東京都中央区京橋三丁目に建つ建築物である。東京建物により建設され、1981年に竣工。2010年2月には、日本プライムリアリティ投資法人が本建物の権利を取得した[1]。本建物が面する中央通りが南側でカーブしているため、銀座方面から望むと正面に位置する。

LIXIL:GINZA[編集]

銀座の歩行者天国より。INAX当時の2008年。

1981年に、伊奈製陶(のちのINAX)により1・2階に「伊奈東京ショールーム」が開設。1985年に「INAX東京ショールーム」、1995年に「INAXアーキプラザ」、2004年に「INAX銀座ショールーム」、2007年に「INAX:GINZA」と複数にわたり名称が改められた。2011年にはINAX、トステム新日軽東洋エクステリア、(初代)LIXILの事業統合により「LIXIL:GINZA」となる。2013年にはショールーム機能が西新宿住友不動産新宿グランドタワー内の「LIXILショールーム東京」に移管したことに伴ってギャラリーに改装された。1階は商品の展示や映像などで企業活動を紹介する「レセプションフロア」と1万2000冊の建築・インテリア関連の書籍を揃えた書店「LIXILブックギャラリー」、2階は従来通り建築やデザインに関する企画展などを行う、3つのスペースからなる「LIXILギャラリー」となる[2]

入居企業等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “資産の取得(契約締結)に関するお知らせ” (プレスリリース), 日本プライムリアリティ投資法人, (2010年1月21日), http://www.jpr-reit.co.jp/ir/news/pdf/20100121_143042DnSM.pdf 2015年8月9日閲覧。 
  2. ^ 京橋LIXIL:GINZAがリニューアル、1階を全面改装”. 銀座経済新聞 (2013年9月3日). 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ 会社概要(アルマード)
  4. ^ お問い合わせ(アーツ証券)
  5. ^ Aetas株式会社
  6. ^ 事務局(日本産科婦人科学会)

外部リンク[編集]