LHS 288

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
LHS 288
星座 りゅうこつ座
視等級 (V) 13.92[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 10h 44m 21.320s[2]
赤緯 (Dec, δ) -61° 12′ 38.44″[2]
固有運動 (μ) 赤経: -334 ミリ秒/[3]
赤緯: 1,626 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 208.95 ± 2.73ミリ秒[2]
(誤差1.3%)
距離 15.6 ± 0.2 光年[注 1]
(4.79 ± 0.06 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 15.5[注 2]
物理的性質
半径 0.15 R[4]
質量 0.10 M[3]
表面重力 100 G[5][注 3]
スペクトル分類 M5.5 V[4]
光度 0.001 L[3]
表面温度 2,760 K[6]
色指数 (B-V) 1.82[1]
色指数 (V-R) 1.59[1]
色指数 (V-I) 3.61[1]
色指数 (R-I) 2.04[1]
金属量[Fe/H] -0.55(太陽比)[6]
別名称
別名称
GJ 3618, L 143-23, LTT 3946, 2MASS J10442131-6112384
Template (ノート 解説) ■Project

LHS 288赤色矮星で、太陽からの距離が約15.6光年と、りゅうこつ座で最も近い既知の恒星である[7]。明るさは13.92等級肉眼では見えないほど暗い。

名称[編集]

LHS 288の"LHS"は、「ルイテン半秒角(Luyten Half-Second)の略で、ルイテンが作った、固有運動が1年当たり0.5を超える高さの恒星のカタログのことである[8]。LHS 288は、このカタログの288番目に収録されている。

特徴[編集]

大きさの比較
太陽 LHS 288
太陽 Exoplanet

LHS 288は閃光星であるとは報告されていないが、ROSAT衛星の観測データの分析からは、X線の異常な増光があったことが示唆され、フレアが発生したのではないかとみられる[9]

年周視差固有運動の時間変化を調べたところ、木星の2.4倍程度の質量惑星が7年周期で公転しているかのようなふらつきがみられ、更に詳しく調べる必要があるとされた[10][11]。しかし、その後惑星が発見されたとする報告はない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Ianna, P. A.; Bessell, M. S. (1986-07), “Two new nearby faint red stars”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 98: 658-661, Bibcode 1986PASP...98..658I, doi:10.1086/131810 
  2. ^ a b c GJ 3618 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b c d Bonfils, X.; et al. (2013-01), “The HARPS search for southern extra-solar planets. XXXI. The M-dwarf sample”, Astronomy & Astrophysics 549: A109, Bibcode 2013A&A...549A.109B, doi:10.1051/0004-6361/201014704 
  4. ^ a b Cantrell, Justin R.; Henry, Todd J.; White, Russel J. (2013-10), “The Solar Neighborhood XXIX: The Habitable Real Estate of Our Nearest Stellar Neighbors”, Astronomical Journal 146 (4): 99, Bibcode 2013AJ....146...99C, doi:10.1088/0004-6256/146/4/99 
  5. ^ Rajpurohit, A. S.; et al. (2013-08), “The effective temperature scale of M dwarfs”, Astronomy & Astrophysics 556: A15, Bibcode 2013A&A...556A..15R, doi:10.1051/0004-6361/201321346 
  6. ^ a b Neves, V.; et al. (2014-08), “Metallicity of M dwarfs. IV. A high-precision [Fe/H] and Teff technique from high-resolution optical spectra for M dwarfs”, Astronomy & Astrophysics 568: A121, Bibcode 2014A&A...568A.121N, doi:10.1051/0004-6361/201424139 
  7. ^ Stars within 20 light-years”. SolStation.com. 2018年2月23日閲覧。
  8. ^ Luyten, Willem J. (1979), LHS catalogue. A catalogue of stars with proper motions exceeding 0"5 annually, University of Minnesota, Bibcode 1979lccs.book.....L 
  9. ^ Schmitt, J. H. M. M.; Liefke, C. (2004-04), “NEXXUS: A comprehensive ROSAT survey of coronal X-ray emission among nearby solar-like stars”, Astronomy & Astrophysics 417: 651-665, Bibcode 2004A&A...417..651S, doi:10.1051/0004-6361:20030495 
  10. ^ Bartlett, Jennifer Lynn (2007-07), “Knowing Our Neighbors: Fundamental Properties of Nearby Stars”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 119 (857): 828-829, Bibcode 2007PASP..119..828B, doi:10.1086/520554 
  11. ^ Bartlett, Jennifer L.; Ianna, Philip A.; Begam, Michael C. (2009-04), “A Search for Astrometric Companions to Stars in the Southern Hemisphere”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 121 (878): 365-376, Bibcode 2009PASP..121..365B, doi:10.1086/599044 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 10h 44m 21.320s, −61° 12′ 38.44″