ケンゾー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KENZOから転送)
移動先: 案内検索

ケンゾーKENZO)はデザイナー高田賢三が設立したファッションブランドである。パリ1区サントノレ通り北側ヴィクトワール広場界隈に本店がある。

略歴[編集]

  • 1970年:高田賢三がパリのギャルリ・ヴィヴィエンヌにブティック「ジャングル・ジャップ」をオープンし初コレクションを発表。色鮮やかな花柄×花柄の大胆な組合せ、日本の平面作図から生み出されたゆったりとしたシルエット、安価なコットンを多用したカジュアルなコレクションはパリ・モード界に大きな衝撃を与える。その後も独特の色彩感覚で柄物をミックスし、日本だけでなく、中国、インド、中央アジアなどからインスピレーションを得たフォークロアなデザインを発表。
  • 1983年:KENZO HOMME コレクションを発表。
  • 1986年:KENZO JUNGLEKENZO JEANS をスタート。
  • 1987年:KENZO ENFANT(子供服)をスタート、香水「Kenzo de Kenzo」を発表。
  • 1992年:KENZO MAISON(ホームプロダクト)をスタート。
  • 1993年:フランスの企業グループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン「LVMH」の傘下に入る。
  • 1999年:2000年春夏コレクションを最後に「しばらく休んだら、また新しいことをやりたい」そう言って高田賢三はブランドを退き、ジル・ロズィエをレディス、ロイ・クレイバーグをメンズのクリエイティヴ・ディレクターに迎え2000年秋冬コレクションより新生KENZOをスタート。
  • 2004年:秋冬コレクションよりアントニオ・マラスをレディス・ラインのアーティスティック・ディレクターに迎える。
  • 2012年:春夏コレクションより元オープニングセレモニーウンベルト・リオンキャロル・リムがクリエイティブディレクターに就任。

現クリエイティブディレクター[編集]

ブランドコンセプト[編集]

対極にあるものが見せるコントラストがインスピレーションの源であるケンゾーは、様々に異なった素材、色、文化を融合し、まったく違った世界観を表現する。ブランドのアイデンティティとなるものは「色」、「旅」、そして「自然」。

3つのアイデンティティから引き出されるキーワード:「色」から温かさや装う楽しさ、「旅」から開放感、ミックス・カルチャーやエキゾチズム、そして「自然」は穏やかなやすらぎ、調和やエネルギー。これらをケンゾーの手法であるコラージュで表現。親しみやすいデザインは多様性と遊び心をもって提案されている。

異業種とのコラボレーション[編集]

外部リンク[編集]