この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Juliet (音楽ユニット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Juliet
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2009年 - 2018年
レーベル BLOSSOM
事務所 ユークリッド・エージェンシー
公式サイト Juliet オフィシャルサイト
メンバー マイコ(2009年 - 2018年)
ユミ(2009年 - 2018年)
旧メンバー ハミ(2009年 - 2015年)

Juliet(ジュリエット)は、女性2人組からなる音楽ユニット。ユークリッド・エージェンシー所属。レーベルはBLOSSOM。

概要

カリスマモデル6人によるプロデュース・チームRomeo(ロミオ)が手がけるギャル系3人組ユニットとして2009年にシングル「ナツラブ」でデビュー[1]。当初は顔を明かさない「覆面ユニット」として活動していたが2ndシングル「フユラブ」発売にともない、素顔が公開された[2]

2015年12月にハミがグループを脱退、デビュー7周年となる2016年からはマイコとユミの2人によるツインボーカルユニットとして新たなスタートを切る[3]

2018年12月31日をもって活動終了した[4]

メンバー

マイコ(Maiko)
東京都出身。アダ名は「マイキー」。Live中に霊に憑依された事がある。
ユミ(Yumi)
兵庫県出身。アダ名は「ゆみんちゅ」。

元メンバー

ハミ(Hami)
大阪府出身。2015年12月末をもって脱退し、芸能界を引退[5]

来歴

2009年

2009年7月21日、Shibuya O-EASTにて初ライブを行い、『ナツラブ』を披露。当日は白幕越しの「シルエットライヴ」となり観客を驚かせた[6]。同年8月5日、シングル『ナツラブ』でデビュー。着うたがレコチョクのウィークリーチャートで1位を獲得[7]。配信60万ダウンロードを記録[8]

9月30日に渋谷109前にてRomeoと共に初お披露目イベントを行う。当日は雨天だったが、1000人以上の観客が集まった[9]

10月7日に2枚目のシングル『フユラブ』を発売する。着うたがレコチョクのウィークリーチャートで1位を獲得、『ナツラブ』に続き2作連続の1位獲得[9]。配信45万ダウンロードを記録、デビューから4ヶ月でシングルの累計ダウンロード数は100万を突破した[8]

11月4日に1枚目のスタジオアルバム『ラブ』を発売。オリコン週間チャートで10位に入る[8]

2010年

2010年1月27日に3枚目のシングル『ハルラブ』を発売。卒業がテーマとなった楽曲でこれまでプロデュースを担当したRomeoだけでなく、関東近郊60校から選ばれた現役女子高生120人からなる卒業シーズン限定の「ハイスクールRomeo」がプロデュースを担当した。また、同チームが卒業パーティも同時にプロデュースを行い、そのパーティの企画で「3月29日に渋谷DUOに集まった高校3年生の卒業生2000人が4枚目のシングルとなる『ハルラブ2』をフルコーラスで合唱する」というギネス記録に挑戦する[10]

3月19日から4月7日まで初のワンマンライブ『ビビってますけど…?ジュリパツアー』を開催。

2015年

6月4日、ラジオ番組の公開録音で、12月末日をもってハミがメンバーを脱退し、芸能界も引退することが発表された[5]

2018年

9月22日、公式サイトにて、2018年12月31日に活動終了することが発表された[11][12]

12月23日、ラストライブ『Juliet Oneman Live「Last Present」』を渋谷チェルシーホテルにて開催[13]

12月31日、活動終了。

ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム
ミニ・アルバム


受賞歴

ノミネート対象 結果
2009年 Juliet GRP Award最優秀アーティスト大賞[14] ノミネート
ナツラブ GRP Award最優秀楽曲大賞[14] ノミネート
フユラブ ノミネート
2010年 Juliet GRP Award最優秀アーティスト大賞[15] ノミネート

テレビ

ラジオ

関連項目

  • Romeo - 覆面をプロデュース。「フユラブ」のPVにも出演。
  • Buzy - 以前、ユミ、ハミが所属していたグループ。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Romeoが記者会見、ギャル系ユニットJulietの正体明かさず”. BARKS (2009年6月30日). 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 覆面ギャルユニットJuliet、遂に素顔公開”. BARKS (2009年9月19日). 2018年12月27日閲覧。
  3. ^ Julietハミ、12月に脱退「もっともっと挑戦を続けていかないと」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年6月4日). 2018年12月27日閲覧。
  4. ^ Juliet年内で活動終了、ラストライブは原点の場所・渋谷で”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月16日). 2018年12月27日閲覧。
  5. ^ a b Julietハミ脱退「別々の道を」芸能界も引退へ”. 日刊スポーツ (2015年6月4日). 2015年6月18日閲覧。
  6. ^ “Juliet、前代未聞のシルエットライヴで唖然”. BARKS. (2009年7月23日). http://www.barks.jp/news/?id=1000051365 
  7. ^ “正体不明のギャルユニット、Julietのデビュー曲がレコチョク1位獲得”. BARKS. (2009年7月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000050805 
  8. ^ a b c “Juliet、新曲は日本一早い春の旅立ちソング”. BARKS. (2009年12月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000055999 
  9. ^ a b “Juliet、渋谷109前での初お披露目イベントに1,000人集結”. BARKS. (2009年10月1日). http://www.barks.jp/news/?id=1000053609 
  10. ^ “現役制服高校生120人がJulietをプロデュース”. BARKS. (2010年1月28日). http://www.barks.jp/news/?id=1000057765 
  11. ^ J『Julietより大切なお知らせ』” (2018年9月22日). 2018年10月2日閲覧。
  12. ^ “Juliet、年内で活動終了 10年の節目迎え「やり切った」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年9月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2120266/full/ 2018年10月2日閲覧。 
  13. ^ J『【ワンマン】12/23(日) Juliet Oneman Live「Last Present」』” (2018年11月22日). 2018年12月14日閲覧。
  14. ^ a b GRP Award 2008” (日本語). ギャルリサーチプレス (2009年). 2011年6月2日閲覧。
  15. ^ GRP Award 2010” (日本語). ギャルリサーチプレス (2010年). 2011年5月31日閲覧。

外部リンク