Ich bin ein Berliner

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリン・シェーネベルク市庁舎の正面玄関の隣にある、ケネディの演説を記念した飾り額

Ich bin ein Berliner(イッヒ・ビン・アイン・ベルリーナー、ドイツ語で「私はベルリン市民である」の意)は、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ1963年6月26日西ベルリンで行った演説、およびその最後の一文である。

当該箇所は、"Two thousand years ago, the proudest boast was  'civis romanus sum '​. Today, in the world of freedom, the proudest boast is  '​Ich bin ein Berliner '​."「2000年前は、最も誇り高き言葉は『私はローマ市民だ』であった。今日、この自由な世界において、最も誇り高き言葉は『私はベルリン市民だ』である。」と、キケロに由来するとされる”civis romanus sum”との対比で用いられた。

Berliner」には、「ベルリン市民」と言う意味の他に、「ジャム入りの揚げパン」とも受け止められるため、「私はジャムドーナッツである」と通訳されたという都市伝説英語圏では有名である。この都市伝説は、ドイツ語では職業や出身地を言うときには不定冠詞einをつけずに「Ich bin Berliner」ということから来ている。ケネディが英語の文法に引きずられて不定冠詞をつけてしまったために「ベルリン市民」の意味にならなかった、というわけである。しかし実際には、この文脈ではケネディは自分を実際のベルリン市民と言っているわけではなく、ベルリン市民と心を共有することを比喩的に言っているのであるから、einはむしろ必要である[1]

出典[ソースを編集]

  1. ^ Did JFK Say He Was A Jelly Doughnut?”. The Huffington Post (2013年6月26日). 2014年6月25日閲覧。(英語)

関連項目[ソースを編集]