土田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 宏(つちだ ひろし、1947年- )は、日本アメリカ政治学者であり、茶人でもある。城西国際大学人文学部および同大学院人文科学研究科教授。 専門は、アメリカ政治学、アメリカの思想、ケネディ暗殺研究。 ピアニストである土田定克の父。

人物・経歴[編集]

茨城県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を中退して編入したアメリカ合衆国フォーダム大学(Fordham University)を1972年に卒業。1974年社会研究新学院en:New School for Social Research修士課程修了、Master of Arts(文学修士)取得。専攻はアメリカ政治。1974年上智大学を退学し、上智短期大学の非常勤講師、1978年上智短期大学専任講師、1987年同助教授、1993年城西国際大学人文学部国際文化学科教授、1998年城西国際大学人文学部国際文化学科学科長、2001年城西国際大学スポーツ文化センター所長を経て、城西国際大学国際人文学部(名称変更)国際文化学科教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『幻の大統領―ヒューイ・ロングの生涯』(彩流社、1984年)
  • 『ケネディ兄弟の光と影』(彩流社、1992年)
  • 『秘密工作ケネディ暗殺―天国からのメッセージ』(彩流社、2003年)
  • ケネディ―「神話」と実像』(中公新書、2007年)
  • リンカン―神になった男の功罪』(彩流社、2009年)
  • 『アメリカ1968―混乱・変革・分裂』(中央公論新社、2012年)

単著(土田隆宏名義)[編集]

  • 利休―最後の半年』(彩流社、1998年)

共著・共編著[編集]

訳書[編集]

  • W.ケンドール、G.ケアリー『アメリカ政治の伝統と象徴』(彩流社、1982年)
  • ディヴィッド S.リフトン『ベスト・エヴィデンス―ケネディ暗殺の虚実』上・下巻、(彩流社、1985年)
  • ピーター・N. キャロル『70年代アメリカ―なにも起こらなかったかのように』(彩流社、1994年)
  • ジョー・マクギニス『最後のケネディ―テディの栄光と挫折…』(彩流社、1996年)
  • サーストン・クラーク『ケネディ 時代を変えた就任演説』(彩流社、2006年)

共訳書[編集]

外部リンク[編集]