HAT-P-7b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HAT-P-7b
木星との大きさの比較図
木星との大きさの比較図
星座 はくちょう座
分類 太陽系外惑星
ホット・ジュピター
軌道の種類 周回軌道
発見
発見日 2008年3月6日
発見者 HATネット
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.0377 ± 0.0005 au[1]
離心率 (e) 0[1]
公転周期 (P) 2.20473506(11) [2]
軌道傾斜角 (i) 86.68 ± 0.14°[2]
通過時刻 2453790.2593 ± 0.001 JD[1]
準振幅 213.5 ± 1.9 m/s[1]
HAT-P-7の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 28m 59.3616s[3]
赤緯 (Dec, δ) +47° 58′ 10.264″[3]
赤方偏移 -0.000036[3]
視線速度 (Rv) -10.80 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: -14.8 ミリ秒/[3]
赤緯: 8.7 ミリ秒/年[3]
距離 1044+163
−130
光年
(320+50
−40
パーセク[1])
物理的性質
半径 1.431 ± 0.011 RJ[2]
質量 1.741 ± 0.028 MJ[2]
平均密度 0.876+0.17
−0.24
g/cm3[1]
表面重力 3.31 ± 0.08 (log g)[1]
表面温度 昼側: 2,470 ± 10 K[2]
夜側: 1,772 ± 10 K[2]
年齢 22億 ± 10億年[1]
別名称
別名称
ケプラー2b, KOI-2b, KOI-2.01, KIC 10666592b, 2MASS J19285935+4758102b
Template (ノート 解説) ■Project

HAT-P-7bとは、はくちょう座の方角にある太陽系外惑星である。スペクトル型がF6V[3]恒星HAT-P-7(別名GSC 03547-01402)を公転しており、ホット・ジュピターに分類されている。

HAT-P-7bは半径0.038天文単位の軌道を2.2日かけて一周している。質量半径はそれぞれ木星の1.8倍と1.4倍で、恒星から強い日射を受けるため、昼側の半球は2,730Kの高温に達すると考えられている[1]。また、恒星の自転と逆方向に公転していることが明らかになっている。

観測[編集]

HAT-P-7bは、2008年にHATネットによって食検出法(トランジット法)を用いて発見された。

HAT-P-7bは2009年に打ち上げられた太陽系外惑星探査機ケプラーの観測視野に含まれ、性能の確認も兼ねて観測が行われている。ケプラーは従来より高い精度で惑星の通過を確認し、恒星による惑星の掩蔽や、通過・掩蔽外における光度変化も検出した。これによりHAT-P-7bが恒星の光をよく吸収すること、昼側から夜側の半球への大気の移流が限定的であることが示された。また、ケプラーが地球型惑星を発見するのに十分な感度を持っていることも確かめられた[4]。なおケプラー計画はHAT-P-7bにケプラー2bの別名を与えた[5]

2009年8月13日、2つの研究チームがHAT-P-7bが逆行軌道を持つことを発表した。これらはロシター効果の観測に基づいている[6][7]。前日には別のグループが初の逆行惑星WASP-17bを報告しており、HAT-P-7bは2番目に逆行軌道が報告された惑星となった[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Pal, A. et al. (2008). “HAT-P-7b: An Extremely Hot Massive Planet Transiting a Bright Star in the Kepler Field”. The Astrophysical Journal 680 (2): 1450-1456. http://ads.nao.ac.jp/abs/2008ApJ...680.1450P. 
  2. ^ a b c d e f V. VanEylen; H. Kjeldsen; J. Christensen-Dalsgaard; C. Aerts (2014年5月23日). “Properties of extrasolar planets and their host stars – a case study of HAT-P-7”. arXiv:1301.1472v2 [astro-ph.EP]. doi:10.1002/asna.201211832. 
  3. ^ a b c d e f g BD+47 2846 -- Star”. SIMBAD. 2016年12月15日閲覧。
  4. ^ Borucki, W. J. (2009). “Kepler's Optical Phase Curve of the Exoplanet HAT-P-7b”. Science 325 (5941): 709-. http://ads.nao.ac.jp/abs/2009Sci...325..709B. 
  5. ^ Kepler Discoveries”. NASA. 2010年3月29日閲覧。
  6. ^ Winn. et al. (2009). “HAT-P-7: A Retrograde or Polar Orbit, and a Third Body”. Astrophysical Journal Letter 703 (2): L99. http://adsabs.harvard.edu/abs/2009ApJ...703L..99W. 
  7. ^ Narita, N. et al (2009). “First Evidence of a Retrograde Orbit of a Transiting Exoplanet HAT-P-7b”. Publications of the Astronomical Society of Japan 61 (5): L35-L40. http://ads.nao.ac.jp/abs/2009PASJ...61L..35N. 
  8. ^ Lisa Grossman (2009年8月13日). “Second backwards planet found, a day after the first”. NewScientist. http://www.newscientist.com/article/dn17613-second-backwards-planet-found-a-day-after-the-first.html 2009年11月21日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • Planet HAT-P-7 b”. The Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2016年12月15日閲覧。