Gabedit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gabedit
Gabedit.jpg
A screenshot of Gabedit 2.0.1
開発元 A.R. ALLOUCHE
最新版 2.5.0 / 2017年7月10日(15か月前) (2017-07-10
リポジトリ sites.google.com/site/allouchear/Home/gabedit/download
対応OS OS Portable (Source code to work with many OS platforms)
種別 分子モデリング
ライセンス BSDライセンス
公式サイト gabedit.sf.net
テンプレートを表示

Gabeditは、計算化学パッケージGAMESS (US)GAUSSIANMOLCAS英語版MOLPRO英語版MPQC英語版OpenMopac、PC GAMESS、ORCA英語版Q-Chem英語版に対するグラフィカルユーザーインターフェースである。

主な仕様[編集]

  • 原子、環、官能基、アミノ酸、核酸による分子の組立
  • GAMESS (US)GAUSSIAN、MOLCAS、MOLPRO、MPQC、OpenMopac、PC GAMESS、Orca、Q-chemに対する入力ファイルの作成
  • GAMESS (US)GAUSSIAN、MOLCAS、MOLPRO、MPQC、OpenMopac、PC GAMESS、Orca、Q-chemからの出力ファイルの読み込み。その他多くのフォーマットをサポートしている。
  • 分子軌道あるいは電子密度の等高線あるいは3Dグリッドプロット描画と多くのグラフィックフォーマットへの出力
  • 分子振動、等高線、等値面、回転のアニメーション

参考文献[編集]

  • Alloche, A. R. (2011年). “Gabedit - A graphical user interface for computational chemistry softwares”. J. Comput. Chem. 32: 174-182. doi:10.1002/jcc.21600. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]