NAMD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NAMD
開発元 Theoretical and Computational Biophysics Group (TCB) and the Parallel Programming Laboratory (PPL)
最新版 2.10 / 2014年8月
リポジトリ charm.cs.illinois.edu/gerrit/namd.git
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 C++
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
公式サイト ks.uiuc.edu/Research/namd
テンプレートを表示

NAMD (NAnoscale Molecular Dynamics program)[1]は、フリーウェア分子動力学シミュレーションパッケージの一つである。Charm++並列プログラミングモデルを用いて書かれ、並列効率の高さで知られており、大規模な系(数百万の原子)をシミュレートするためにしばしば使われている[2]。NAMDはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のTheoretical and Computational Biophysics Group (TCB) とParallel Programming Laboratory (PPL) との共同研究によって開発されている。

NAMDは1995年にNelsonらによって、可視化コードであるVMDとの連携によってインタラクティブなシミュレーションを可能にする並列分子動力学コードとして導入された。NAMDは、多くの機能を追加し、数千のプロセッサにスケーリングされ、成熟している。2014年10月現在の最新安定版は2.10である。

非商用利用する個人、学術機関、社内ビジネス目的の企業は、コンパイル済みのバイナリとソースコードの両方が無償で入手可能である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]