GNU ld

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNU linker
作者 GNUプロジェクト
開発元 GNUプロジェクト
最新版 2.23.1 / 2012年11月13日(15か月前) (2012-11-13
プログラミング言語 C
対応OS GNU(Unix系Microsoft Windows(MinGW))
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 リンカ
ライセンス GNU General Public License
公式サイト GNU Binutilsホームページ
テンプレートを表示

GNU linker(GNUリンカ、またはGNU ld)とはGNUプロジェクトのUnixコマンド・ld(リンカ)の実装である。GNU ldを使用することで、コンパイルされたオブジェクトファイルから実行可能ファイル( またはライブラリ)を作成することができる。リンカスクリプト(linker script)という、プラットフォーム固有の制御情報をELFに埋め込み、リンク作業を制御するスクリプトを利用することもできる[1]。GNU linkerはGNU Binary Utilitiesの一部である。

脚注[編集]

  1. ^ Using LD, the GNU linker - Scripts”. ftp.gnu.org. 2011年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]