Drusilla

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Drusilla』(ドゥルーシラ)は、アメリカ合衆国で発売されたコミック

アメリカのテレビドラマ『エンジェル』のコミック版で、発行はIDW Publishing。2部に分かれ、2009年8月と9月に発売された。

概要[編集]

コミック版『エンジェル』の第24作と第25作。アメリカのテレビドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』の第5シーズン中盤のエピソード『衝突』で姿を消したドゥルーシラのその後の生活が描かれている。

作者[編集]

内容[編集]

Part1[編集]

スパイクとの恋に破れたドゥルーシラは、駆けつけた警察官から数発の銃弾を受ける。治療のため病院に収容されていた彼女は、次第にバンパイアの本性を現し始め、病院のスタッフや患者たちを襲い始める。

Part2[編集]

殺戮に飽きた彼女は、筆記用具を見つけ、無心に絵を描き始める。騒動が終焉したことを知ったグレイは、ドゥルーシラの様子を見て、彼女が描いているのは過去と未来[2]の出来事であることを知る。

登場人物[編集]

ドゥルーシラ
バンパイア。
グレイ
医師。
ダーラ
バンパイア。回想シーンで登場。

脚注[編集]

  1. ^ テレビシリーズでドゥルーシラを演じた女優。
  2. ^ このエピソードはコミック『After the Fall』でロサンゼルスが地獄に落ちる前の出来事である。

外部リンク[編集]