Clonezilla

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Clonezilla
CZLogo2.png
Clonezilla.png
the Clonezilla Live CD
作者 Steven Shiau
開発元 NCHC Free Software Labs
最新版 2.5.5-38[1] / 2018年3月30日(23日前) (2018-03-30
リポジトリ sourceforge.net/projects/clonezilla/files/clonezilla_live_stable/
プログラミング言語 PerlUnixシェル
対応OS POSIXLinux
対応言語 英語、中国語(簡体字)、日本語
サポート状況 Current
種別 ディスク複製、バックアップソフトウェア
ライセンス GNU General Public License バージョン2
公式サイト clonezilla.org
テンプレートを表示

Clonezilla は、ディスクまたはパーティションの複製(クローニング)ならびにイメージ作成(イメージング)用の、DebianまたはUbuntuをもとにつくられたLinuxディストリビューション。例えば、バックアップや、同じシステムデータを複数のマシンに展開することに使用可能である。

Clonezilla は Steven Shiau によってデザインされ台湾NCHC英語版 Free Software Labs によって開発がおこなわれている[2]

Clonezilla Server Edition (Clonezilla SE) は、ネットワーク経由での複数のコンピュータへのイメージ配信をサポートしている。

Clonezilla Live[編集]

Clonezilla Live は、ClonzillaのライブCD版である。イメージデータの保存先として内蔵ハードディスクドライブソリッドステートドライブ、外付けハードディスクドライブなどのストレージSSH サーバー、Samba サーバー、NFS ファイル共有、WebDAVが使用可能である。

Clonezilla Liveは、USBフラッシュドライブやCD-ROM・DVD-ROMのような光学ドライブPXEなどから起動可能である。ライブCD環境で起動するため、使用するにあたってはコンピューターのBIOSまたはUEFIファームウェアの起動設定の変更が必要な場合もあるが、コンピューター自体へのインストールは必要ない。

Clonezilla Server Edition[編集]

Clonezilla Server EditionDRBL英語版サーバー機能を内蔵しており、クライアントサーバーモデルで動作する。サーバー上で Clonezilla を起動し、クライアントマシンはPXEでネットワーク経由で起動させる。複数のコンピューターを同時にネットワーク経由でクローニングすることも可能である。

脚注[編集]

  1. ^ Clonezilla - Changelogs”. 2018年4月13日閲覧。
  2. ^ Interview with Steven Shiau”. 2010年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]