バトルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Battlesから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
バトルス
Battles
Battles JC001.jpeg
バトルス(2015年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル エクスペリメンタルロック
ポストロック
ポスト・ハードコア
プログレッシヴ・ロック
マスロック
活動期間 2003年 -
レーベル ワープ・レコーズ
Beat Records
共同作業者 ドン・キャバレロ
ヘルメット
ストーム&ストレス
トマホーク
公式サイト www.bttls.com
メンバー イアン・ウィリアムス
ジョン・ステニアー
旧メンバー タイヨンダイ・ブラクストン
デイヴ・コノプカ
バトルス(2008年)

バトルス: Battles)は、アメリカエクスペリメンタルロックバンドニューヨーク出身。

概要[編集]

2002年、元ドン・キャバレロ/ストーム・アンド・ストレスのイアン・ウィリアムス、フリー・ジャズ界の巨匠アンソニー・ブラクストンを父に持つタイヨンダイ・ブラクストン、元リンクスのデイヴィッド・コノプカ、元ヘルメット/トマホークのジョン・ステイナーの4人で結成[1]。2005年、Prefuse 73の日本ツアーに同行し、2公演を行う。

3枚のEP作品をリリース後、2007年ワープ・レコーズより1stアルバム『ミラード』をリリース。アルバムからのシングル「Atlas」は高い評価を受け、各音楽メディアが発表する年間のベストリストにあげられた。同年のフジロックフェスティバルに出演し、日本でのツアーで単独4公演を行う。

2009年、エレクトラグライドに出演。同年、タイヨンダイがソロ・アルバム『Central Market』を発表し、翌2010年に脱退。

バンドは残された3人でアルバムを制作、ゲスト・ボーカルにゲイリー・ニューマン、マティアス・アグアーヨ、ブロンド・レッドヘッドのカズ・マキノ、ボアダムス山塚アイを迎え、2011年に2ndアルバム『グロス・ドロップ』をリリース[2][3]。同年、SonarSound Tokyo、フジロックフェスティバルに出演し、日本ツアー単独3公演を行う。

2015年9月、3rdアルバム『ラ・ディ・ダ・ディ』をリリース。同11月には、サポートアクトに神戸出身のZZZ'sを迎え、東京と大阪で来日公演を行った[4]

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

日本公演[編集]

2004年

2007年

2011年

2015年

2019年

  • BATTLES JAPAN TOUR(サポートアクト:平沢進+会人(EJIN))
    • 11月4日 恵比寿ガーデンホール
    • 11月5日 梅田CLUB QUATTRO
    • 11月6日 名古屋CLUB QUATTRO

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ミラード』 - Mirrored (2007年)
  • 『グロス・ドロップ』 - Gloss Drop (2011年)
  • 『ラ・ディ・ダ・ディ』 - La Di Da Di (2015年)
  • 『ジュース・B・クリプツ』 - Juice B Crypts (2019年)

EP[編集]

  • EP C (2004年)
  • B EP (2004年)
  • 『EPC』 - EPC (The EP) (2004年) ※日本限定スペシャル・ミックス・エディション
  • EP C / B EP (2006年) ※コンピレーション
  • Tonto+ (2007年)
  • Dross Glop 1 (first in a four-part 12" vinyl remix series; Warp Records; February 6/7, 2012)
  • Dross Glop 2 (second in four-part 12" vinyl remix series; Warp Records; February 20/21, 2012)
  • Dross Glop 3 (third in four-part 12" vinyl remix series; Warp Records; March 19/20, 2012)
  • Dross Glop 4 (fourth and final in four-part 12" vinyl remix series; Warp Records; Record Store Day, April 21, 2012)

シングル[編集]

  • "Tras" (2004年)
  • "Atlas" (2007年)
  • "Tonto" (2007年)
  • "The Line" (2010年) ※ダウンロード
  • "Ice Cream" (2011年)
  • "My Machines" (2011年)
  • "The Yabba" (2015年) ※ダウンロード
  • "FF Bada" (2015年) ※ダウンロード
  • "Titanium 2 Step" (2019年) ※ダウンロード[12]

脚注[編集]

  1. ^ iLOUD, Battles.
  2. ^ PUBLIC-IMAGE.ORG, インタビュー
  3. ^ バトルスが新作と共に帰還!”. BEATINK Inc. (2011年2月10日). 2015年7月2日閲覧。
  4. ^ BATTLES|BEATINK”. 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ THE MARS VOLTA 2004|Creativeman”. 2015年12月5日閲覧。
  6. ^ ヒストリー 2007|FUJI ROCK FESTVIVAL”. 2015年12月5日閲覧。
  7. ^ Beatink - events: BATTLES JAPAN TOUR 2007”. 2015年12月5日閲覧。
  8. ^ Beatink - 再追加公演 - LIQUID ROOM 2nd show”. 2015年12月5日閲覧。
  9. ^ ヒストリー 2011|FUJI ROCK FESTVIVAL”. 2015年12月5日閲覧。
  10. ^ BEATINK Official Website / Events / BATTLES 2011”. 2015年12月5日閲覧。
  11. ^ BEATINK Official Website / BATTLES ”LA DI DA DI””. 2015年12月5日閲覧。
  12. ^ Battles announce new album Juice B Crypts, share "Titanium 2 Step" ft. Sal Principato of Liquid Liquid: Stream”. Consequence of Sound (2019年8月7日). 2019年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]