BackTrack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BackTrack Linux
Backtrack
開発者 Mati Aharoni, Devon Kearns, Offensive Security
OSの系統 Linux (Debian)、(Ubuntu)
開発状況 開発終了
ソースモデル FLOSS
最新安定版 5 R3 / 2012年4月13日
プラットフォーム x86(IA-32)x64ARMアーキテクチャ
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のUI KDEGNOMEFluxbox
ウェブサイト https://www.backtrack-linux.org/
テンプレートを表示

BackTrack Linux(バックトラックリナックス)は、ペネトレーションテスト目的に特化した1DVD型のLinuxディストリビューションの一つである。

歴史[編集]

BackTrack Linuxの歴史は、Whoppix(Whitehat knoppix)まで遡る。

Whoppix[編集]

KNOPPIX派生版[編集]

KNOPPIX 系統樹

WhoppixはKNOPPIX派生1CD Linuxである。Red HatをもじったBlack Hat、さらにそれらをもじったWhite Hatを冠していることから判るように、WhoppixはWhiteサイドのセキュリティ関連、つまりはペネトレーションテスト目的の1CD Linuxであり、同分野の中ではかなり古い部類に入る。日本ではハッカージャパン[1]などのようにコンピュータ雑誌にも取り上げられており、この分野ではよく知られるものである。

SLAX派生版[編集]

2005年7月、Whoppixは3.0をリリースする際に、SLAXを母体としてWhaxという名前に変更されている。

Auditor Security Collection[編集]

他方、Auditor Security Collectionは、KNOPPIX派生の1CD Linuxであり、Auditor(監査人)から判るようにこちらもペネトレーションテスト目的のものである。Auditorというメニューの下に、セキュリティ関連のツールを階層的に設けることで、ペネトレーションテストツールを整理した形でユーザーに提供している。

BackTrack 誕生[編集]

こうした、いわゆる競合関係にある、1CD Linuxペネトレーションテスト目的のディストリビューション2つが融合する形で出来上がったものが、BackTrackである。初期は1CDであった。

BackTrack Linux 4 betaが登場する段階でCDサイズに収まらなくなったため、1DVD化されている。なお、BackTrack Linux 4 betaからはUbuntu 8.10を母体としている。

2013年3月、BackTrack Linuxから後継版のKali Linux派生した。

特徴[編集]

上述の通り、ペネトレーションテストを目的としたものである。特記すべき機能や特徴としては、以下のようなものが挙げられる。

メニュー形式でのツール選択
前述のように、Auditor Security Collectionを先祖の一つとしており、その機能の一つであるセキュリティ関連ツールを分類してユーザーに提供する機能が、BackTrack Linuxにも設けられている。バージョンが上がるたびに、新しい技術への追従などの理由からメニュー構成を変えている。メニュー構成については以降の節で詳述する。
ネットワークツールの収録
Wireshark、Ettercap(LANベースの中間者攻撃ツール)、nmapなどが搭載されている
無線ネットワークへの対応
Kismet、RFMONモードへの対応

メニュー形式でのツール選択[編集]

以下は、4.0 betaのメニュー構成である。

  • Information Gathering - DNS Enumなどの情報収集ツール
    • Archive
    • DNS
    • Route
    • Searchenghine
  • Network Mapping
    • Identify Live Hosts - ネットワーク越しのホスト生存確認
    • OS-Fingerprinting - OSを特定するためのツール
    • Portscanning - ポートスキャン
    • Service Fingerprinting - Webサーバの挙動からサーバの種類とバージョンを特定するhttprintなどの、サービス特定ツール
    • VPN
  • Vulnerability Identification
    • Cisco
    • Database
    • Fuzzers
    • SMB Analysis
    • SNMP Analysis
    • Web Analysis
    • Saint Exploit
  • Penetration
  • Privilege Escalation - 権限昇格系のツール
    • Password Attacks - パスワード解析ツール
    • Sniffers
    • Spoofing
  • Maintaining Access
  • Radio Network Analysis - 無線ネットワーク関連のツール
  • VoIP
  • Digital Forensics
    • File Carving - ファイル救済ツール
    • Forensic Analysis
    • Image Aquiring
  • Reverse Engineering
  • Miscellaneous - その他のツール

リリース[編集]

日付 リリース 備考
2006年3月26日 BackTrack 1.0 Final ベータ版でない初期のバージョンである。KNOPPIX派生であった。
2006年10月13日 BackTrack2 Public Beta
2007年3月6日 BackTrack 2 Stable release
2007年12月14日 BackTrack 3 Beta
2008年6月19日 BackTrack 3 Final
2009年2月11日 BackTrack 4 Beta Release このバージョンよりDVD化される。また、Debian派生となる。Kernel 2.6.28.1
2009年6月19日 BackTrack 4 Pre Release Kernel 2.6.29.3
2010年1月11日 BackTrack 4 Final Release Kernel 2.6.30.9
2010年8月5日 BackTrack 4 R1 Release Kernel 2.6.34
2010年11月22日 BackTrack 4 R2 Release USB 3.0をサポート。Kernel 2.6.35.8
2011年5月10日 BackTrack 5 Release Kernel 2.6.38
2011年8月18日 BackTrack 5 R1 Release Kernel 2.6.39.4
2012年3月1日 BackTrack 5 R2 Release Kernel 3.2.6
2012年8月13日 BackTrack 5 R3 Release
2013年3月13日 Kali 1.0 Release

派生版[編集]

Debian 系統樹

Debianテスト版の派生品一覧に掲載。

配布版 説明
Kali Linux BackTrackから派生した1DVDタイプの後継版。ペネトレーションテスト目的に特化していることが特徴。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ハッカージャパンの2004年11月号から2005年7月号にかけて、WhoppixやKnoppix-STDなど、同分野の特集記事が何度か設けられていた。また、2005年3月号にはWhoppix 2.6 SP-1が付録されている。

参考文献[編集]

  • ハッカージャパン
    • 2009年3月号 - 特集記事「総力特集 いちばんわかりすいハッキングツールの使い方」(BackTrack 3がツール群のベースとして特集されている)。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]