Wireshark

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Wireshark
Wireshark icon.svg
Ethereal Screenshot.png
Wireshark Network Analyzer
開発元 The Wireshark team
初版 1998年頃
最新版 2.4.1 - 2017年8月29日(2か月前) (2017-08-29[1][±]
リポジトリ code.wireshark.org/review/gitweb?p=wireshark.git
プログラミング言語 C言語C++
対応OS LinuxSolarisFreeBSDNetBSDOpenBSDmacOSおよびWindows
プラットフォーム windows, Linux, Mac OS X
種別 ネットワーク・アナライザ
ライセンス GNU General Public License
公式サイト www.wireshark.org
テンプレートを表示

Wireshark(ワイヤシャーク)は、ネットワーク・アナライザ・ソフトウェアである。作者は、Gerald Combsである。

Gerald Combs はかつて、Etherealを開発していた。Etherealは1988年GPLで公開した。Combsが退職したことでEtherealの商標が勤めていた企業に残り、開発を中断している。 Etherealは、ルータ、シミュレータなどの製品でライブラリ等を利用していることがあった。

Combsなどの開発者の移籍後、2006年6月にプロジェクトを変更。WinPcapの販売元であるCACETが支援者となりWiresharkとして提供を開始した。

WiresharkはIPDHCPなど800以上のプロトコルを解析できる機能があり、WindowsLinuxBSDmacOSなどで利用できる。他のアナライザで記録したファイルを読み込む事ができる。Sniffer Proやtcpdumpをはじめ多くのファイル形式に対応する。

パケットキャプチャの機能は、Unix系OSではlibpcapが、Windows版では同梱しているWinPcapが担っている。

Macintosh版は X Window上で機能するので、別途 X が起動する版があった。Mac OS X 106以降ではアプリがある[2]

脚注[編集]

  1. ^ Wireshark · News”. The Wireshark team (2017年8月29日). 2017年8月30日閲覧。
  2. ^ MAC OS X download https://1.as.dl.wireshark.org/osx/Wireshark%202.4.1%20Intel%2064.dmg

参考文献[編集]

  • パケットキャプチャ実践技術―Wiresharkによるパケット解析 応用編 竹下 恵, リックテレコム,2009,ISBN 978-4897977966
  • 実践 パケット解析 第2版 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング Chris Sanders, オライリージャパン, 2012, ISBN 978-4873115696

関連項目[編集]

外部リンク[編集]