tcpdump

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

tcpdumpとは、コマンドライン上で利用する一般的な計算機ネットワーク調査ツールである。 tcpdumpにより、利用者はコマンドを実行した計算機がつながっているネットワーク上を流れるTCP/IPなどのパケットを横取って、表示させることが出来る。 このプログラムは開発当時にローレンス・バークリー研究所ネットワーク研究グループに所属していたバン・ジェイコブソン、Craig Leres、Steven McCanneによって書かれた。

tcpdumpはほとんどのUnix系オペレーティングシステム上で動作する。 たとえば、BSD系UnixSolarisLinuxHP-UXAIXMac OS Xなどで動作する。 これらのシステムでは、tcpdumpはpcapライブラリ上に構築されている。

Windowsにも、WinDumpというソフトウェアがある。 これは、tcpdumpをWindows上で動くようにしたものである。

Unix系オペレーティングシステムやその他の多くのオペレーティングシステムでは、 tcpdumpを使うにはスーパーユーザーになる必要がある。 なぜなら、tcpdumpはプロミスキャス・モードを利用するからである。

tcpdumpを使うときには、 いくつかのフィルターを出力に適応して見ることが出来る。 こうすることで、大量の通信が行われているようなネットワークでもより簡単にパケットの調査をすることができるようになる。

tcpdumpの主な利用方法[編集]

  • ネットワーク通信を行うプログラムのデバッグを行うため。
  • ネットワーク設定の確認のため。具体的には、必要なルーティングが正確に行われているかを調べ、問題を特定するのに使うことができる。
  • 他の利用者や計算機の通信を横取り、表示するため。telnetHTTPのようなプロトコルはネットワークに平文で情報を流すため、ルーターゲートウェイの管理者はtcpdumpを用いてログインIDやパスワード、URLなどの様々な情報を得ることが出来る。

参考[編集]

  • WiresharkとはGUIのフロントエンドを持った同様のツールであり、様々なフォーマット、ソート、表示方法に対応している
  • EtherealはWiresharkの元になったプログラムである
  • snoopSolaris上で利用できる同様のプログラムである
  • Packet sniffer

外部リンク[編集]