BAY SIDE FREEWAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BAYSIDE FREEWAY
放送方式 生放送(FMステレオ放送)
放送期間 1989年10月~
放送時間 毎週日曜日 13:00~15:56
放送局 bayfm
パーソナリティ 帆足由美
提供 ちばぎんグループ(コーナースポンサー)
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2019年4月7日~2020年3月29日は『BAYSIDE FREEWAY CHIBAGIN TOP OF MARIVE』として14:00~15:56に放送。
テンプレートを表示

BAYSIDE FREEWAYベイサイド・フリーウェイ)は1989年10月bayfm開局時から日曜日午後に放送されているラジオ番組。DJは帆足由美

概要[編集]

bayfm開局と同時に『BAYSIDE FREEWAY(ベイサイド・フリーウェイ)』として放送を開始。多少の時間の伸縮はあるが13:00から16時台の放送をおおむね維持してきた。

2016年10月、内包番組だった『そごう千葉店 オーロラモールジュンヌ presents JUNNU CAFÉ』が『Dig Dug Sunday』として単独番組となるため16:00までに縮小された。

2019年4月7日より、滝沢沙織ドーキンズ英里奈による『NISSAN DAYZ presents SPICE UP SUNDAY』が13時台に開始することに伴いさらに縮小。コーナーとして放送していた「CHIBAGIN TOP OF MARIVE」の枠のみとなるため、そのコーナー名を番組にかぶせた『BAYSIDE FREEWAY CHIBAGIN TOP OF MARIVE( - ちばぎんトップオブマリブ)』がタイトルとなる。このコーナーは番組初期から「CHIBAGIN TOP OF MARIVE〜平成の120分〜」というサブタイトル付きで放送され、最新ヒット曲や珠玉のナンバーとともに今週の星占いやメッセージを紹介していく2時間のロングコーナーとして長らく放送してきたものである。

2019年12月15日、DJの帆足由美がインフルエンザに感染。代理で柴田幸子が務めた。

2020年3月29日をもって『NISSAN DAYZ presents SPICE UP SUNDAY』が終了した事を受けて、翌週4月5日からは再度13時からの放送に変更され、『BAYSIDE FREEWAY』にタイトルを戻す。「CHIBAGIN TOP OF MARIVE」は再度14時~15時台のコーナーとして内包されている。

放送時間[編集]

  • 不明~2015年3月29日 13:00~16:36[1]
  • 2015年4月5日~2016年9月25日 13:00~16:42
  • 2016年10月2日~2019年3月31日 13:00~15:56
  • 2019年4月7日~ 2020年3月29日 14:00~15:56
  • 2020年4月5日〜 13:00〜15:56

歴代DJ[編集]

タイムテーブル[編集]

  • 13:00 オープニング
  • 13:13 TOP OF TOPICS(トットピ)
    • 番組が注目したスポーツ、芸能、音楽、ローカルニュースを厳選して紹介。2019年3月までは、HOT SENSATIONの中で似た形で放送していた。
  • 13:30 NEXT TRACKS
    • 将来ブレイクが期待される若手のアーティストを中心に「次に来る!」ナンバーを紹介。曲の感想を番組ツイッターのアンケート機能(4択)で募っている。コーナーの略称をメールやTwitterで募集し、『次(ツギ)トラ』が通称として採用される。2019年3月までは、HOT SENSATION内のコーナー「FUTURE SENSATION」と題して放送していた。
  • 13:50 過去の第1位
    • 過去のチャートで一位を獲得した曲をオンエア。
  • 14:00 CHIBAGIN TOP OF MARIVE / 提供:ちばぎんグループ
  • 14:45 由美の駅
    • 毎週、千葉に縁のある人物や名所、物などを特集するコーナー。
  • 15:10頃 全力スポーツ!(全スポ)
    • 2019年4月から始まったコーナー。千葉県内のスポーツチームや、オリンピック・パラスポーツ競技または選手を紹介するコーナー。
  • 15:53頃 エンディング
  • 15:56 番組終了

毎週キーワードを決め、キーワードに沿ったメッセージ募集、トピック紹介、選曲を行なっている。

過去のコーナー[編集]

  • HOT SENSATION
    • 2019年3月まで放送していたコーナー。13時台に放送していた。毎週最新のヒット曲を放送していた。
  • FLASH BACK SENSATION
    • 2019年3月まで放送していたコーナー。15時20分から放送していた。過去の流行に時間旅行して、その時期の名曲をオンエアしていた。
  • 聴くだけでハッピーに効く12星座の処方箋
    • 2017年3月まで放送していたコーナー。所謂占いのコーナー。占いスクール「ARION」校長・暁 瑠凪の監修で、放送当日からの1週間の運勢を紹介していた。
  • Valentine Sunday
    • 16時30分頃からのコーナー。名前の通り愛の告白や、のろけ話が中心。京成電鉄がスポンサー。

過去に番組内で放送された番組[編集]

JUNNU CAFÉ
  • 提供:そごう千葉店・オーロラモールジュンヌ / DJ:佐藤由加理(16:00-16:26、2013年4月7日 - 2016年9月25日)[2]
  • 2005年4月からこの時間はそごう千葉店オーロラモールジュンヌ1階 ジュンヌブースよりゲストを迎えての公開生放送だった。
  • 始めと終わりは帆足と佐藤が短いトークを展開し、ゲストにも今日のテーマについて尋ねるのが定番となっている。
  • ちなみに2013年3月以前はフランス語で「ジュンヌの日曜」という意味の“DIMANCHE DE JUNNU”で、DJは斉藤りさだった。
  • 2016年9月25日をもって終了。10月2日から2017年3月26日まで佐藤が引き続きDJで独立して「Dig Dug Sunday」を放送した(公開生放送ではない)。
  • 2017年4月からは、大黒摩季Your Playlistを放送。
  • 京成電鉄がスポンサーだったときがあり、その頃は番組で京成沿線の情報をアナウンスしたことがあった。

Updates[編集]

Updatesは放送時現在の各交通情報、天気、航空情報を短時間で伝える情報ゾーン。

エンディング曲[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015年3月29日まで番組終了後に西本淑子DJの「博全社 PRECIOUS STORY」が放送されていた(放送開始時期不明)
  2. ^ 2013年4月28日放送分は、舞台出演だったため、浦野一美とジュンヌブースDJの堀越美穂が担当。2015年2月8日放送分は、フィッシングショーOSAKA2015でMC出演だったため、ジュンヌブースDJのカオル(ダブルネーム)が担当。

関連項目[編集]

  • bayfm
  • KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL - 当番組と同じく千葉を代表する銀行(京葉銀行)が冠スポンサーとなっている番組。こちらは、当番組と違って、他の企業のCMや、番組情報なども放送している。メインパーソナリティの小島嵩弘ともイベントなどで仕事もしている。

外部リンク[編集]