A代表 (ラグビー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラグビーA代表とは、ナショナルチームにおけるカテゴリーの一つである。

概要[編集]

ワールドラグビーの「競技に関する規定」には「一国のシニアの15人制代表チーム、またはそのすぐ下のシニアの15人制代表チーム、もしくは、シニアの7人制代表チームでプレーしたプレーヤーは、他の協会のシニアの15人制代表チーム、または、そのすぐ下のシニアの15人制代表チーム、もしくは、シニアの7人制代表チームでプレーすることはできない。」[1]とある。この「そのすぐ下のシニアの15人制代表チーム」がA代表である。つまりラグビーのA代表とは、いわゆるフル代表の予備軍的な存在であり、フル代表がA代表と呼ばれるサッカーなどとは異なる。実力的にほぼ同格の国のA代表同士の対戦や、格上の国のA代表と格下の国のフル代表の対戦、フル代表が他国に遠征した際に、フル代表同士の対戦の合間にフル代表とA代表との対戦が組まれる場合などがある。また、A代表の下にB代表が編成されることもある。

ワールドラグビーは、個々の選手の代表資格の有無を明確にするため、傘下の各協会に「そのすぐ下のシニアの15人制代表チーム」の名前を届け出ることを義務づけている[2]。ほとんどの協会は国・地域の名に「A」を付けたものを届け出ているが、ニュージーランドラグビー協会は2005年から「ジュニア・オールブラックス (Junior All Blacks)」を、イングランドラグビー協会は2006年から「イングランド・サクソンズ (England Saxons)」をチーム名とすることを届け出ている。なお、ジュニア・オールブラックスは、過去に日本代表などとともにパシフィック・ネイションズ・カップに参加していた。A代表はフル代表と同じく年齢制限は無い。年齢別代表であるU20代表をA代表として届け出ている例もあったが、2018年からU20代表をA代表とすることは禁止された[3]

日本代表の下にはジュニア・ジャパンが存在する[4]。国内シーズン終了後に発表される代表候補のうち、主にフル代表に参加しない選手により結成される。