99のなみだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
99のなみだ
ジャンル 涙でこころ洗浄ソフト
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア DSカード
発売日 2008年6月5日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

99のなみだ』は、バンダイナムコゲームス2008年6月5日に発売したニンテンドーDS用ソフト。イメージキャラクターには、入山法子が起用されている。携帯電話向けに移植されている。

概要[編集]

感動して「涙を流す」ことによって、ストレスの解消や気分のリフレッシュを図ることができる。

ゲーム開始時に登録するプレーヤーの個人データ(職業、年齢など)、現在の気分などから、プレーヤーが最も感動する「泣ける感動の話」(1話約10分)が提供される。視聴の際には「静かな環境にいること」・「1人になっていること」の条件を守り、リラックスした状態で進めることが重要である。

早稲田大学・河合隆史教授監修の「なみだのソムリエシステム」を導入しており、最初に入力した個人データや現在の気分、ゲームプレイ中の会話や質問などの様々な要素から、今の自分にあった最も感動する話が提供されるようになっている。ただし個人差があるため、必ず泣けるというわけではない点に留意しておきたい。

ゲーム内容[編集]

ストーリーは、とある店に入るところから始まる。日々の生活に疲れた主人公が、ふと見つけたのは「ナミダノモトあります」と書かれた看板が出ている店だった。店に入り、マスターに迎えられる主人公。そこは、感動する話を提供している不思議な店だった。

マスターからいくつか質問を受けた主人公は、「ナミダノモト」が入ったランプを手渡される。そのランプに火をつけることで、感動する話が始まる。

「話」の執筆作家[編集]

ほか

テーマソング[編集]

Tiny Star
『こころのしずく』
歌:moumoon

漫画[編集]

週刊コミックバンチ』で2009年35号-2010年39号。毎回作者を変えてのコミカライズ

外部リンク[編集]