7s

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
7s
監督 藤井道人
脚本 川原田サキ
藤井道人
アベラヒデノブ
製作 高山洋平
西久保剛
野田威一郎
松嶋良治
製作総指揮 伊藤主税
門馬直人
山田久人
出演者 深水元基
淵上泰史
アベラヒデノブ
須賀貴匡
小林夏子
佐々木卓馬
サンガ
竹井洋介
網川凛
木村啓介
麻亜里
瀬下尚人
あべなぎさ
清水沙映
海東健
餓鬼レンジャー
Heartbeat
駿河太郎
斎藤工(友情出演)
音楽 堤祐介
撮影 今村圭佑
制作会社 BABEL LABEL
製作会社 and pictures
配給 ビーズインターナショナル
公開 日本の旗2015年11月7日公開
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

7s』(セブンス)は、2015年11月7日公開の日本映画

概要[編集]

オー!ファーザー』『幻肢』などを手掛けた藤井道人監督が自身の経験に基づき、夢を追う若者たちの等身大の姿を描いた、青春ストーリー。

2015年11月7日より、東京都新宿新宿武蔵野館にて公開された。同年12月5日より名古屋市名古屋シネマテークにて公開、2016年1月9日より大阪市淀川区十三第七藝術劇場にて公開、同年1月30日より神戸市元町映画館にて公開された。

ストーリー[編集]

売れない映画監督のサワダは、大学の同級生サナガワと一緒に作った自主映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。

さらに大きな映画を作ろうと意気込むサワダは、ある日アルバイトをしている居酒屋で、お客として来ていた小劇団のメンバーたちと意気投合し、サワダの作品に出演してもらうことが決まる。

劇団の中には売れっ子お笑い芸人や人気モデル、劇団の看板女優など、サワダにとってはまたとないチャンスであり、書き上げた脚本のタイトルは「7s」。7人の天才詐欺集団が、世のため・人のために詐欺を行うというスリリングな内容でだった。

スタッフも集まり、順調に映画がクランクインするが、俳優の遅刻・スタッフ同士の喧嘩・制作部の失踪・キャストの突然の降板と、徐々に暗雲が立ち込める。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 藤井道人[1][2][5][6]
  • 脚本 - 川原田サキ・藤井道人・アベラヒデノブ[1][2][5][6]
  • 製作 - 高山洋平・西久保剛・野田威一郎・松嶋良治[1][6]
  • プロデューサー - 伊藤主税・門馬直人・山田久人[1][6]
  • 撮影 - 今村圭佑[1][6]
  • 録音 - 吉方淳二[1][6]
  • 美術 - 松本真太朗[1][6]
  • 音楽 - 堤祐介[1][6]
  • ヘアメイク - 小島真利子[1][6]
  • キャスティングプロデューサー - 伊藤英樹[1][6]
  • アソシエイトプロデューサー - 眞武泰徳[1][6]
  • 助監督 - 和田健太郎[1][6]
  • 制作 - 杉浦青[1][6]
  • 制作デスク - 丸山智子・八木咲[1]
  • スチール - 最上梨沙[1]

DV D[編集]

2016年5月25日発売。

  • 発売元 - CURIOUSCOPE
  • 販売代理 - アルドゥール

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 映画「7s セブンス」 CAST/STAFF”. 映画「7s セブンス」オフィシャルサイト. 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 7s セブンス【クレジット】”. allcinema. 2015年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 7s セブンス キャスト”. 映画.com. 2015年10月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 7s セブンス キャスト”. KINENOTE. 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ a b 7s セブンス スタッフ”. 映画.com. 2015年10月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 7s セブンス スタッフ”. KINENOTE. 2015年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]