6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン
MDMAT-structure.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  •  ?
法的規制
  • Uncontrolled
投与方法 ?
識別
CAS番号
34620-52-5 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 23324601
ChemSpider 14921388 ×
化学的データ
化学式 C12H15NO2
分子量 205.25 g/mol
テンプレートを表示

6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリンまたはMDMATは、非神経毒性の選択的セロトニン放出薬で、エンタクトゲンをもたらすと考えられている薬剤である。6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン(MDAT)のN-メチル化誘導体であり、メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)の3,4-メチレンジオキシアンフェタミン(MDA)に対する関係、または5,6-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノインダン(MDMAI)の5,6-メチレンジオキシ-2-アミノインダン(MDAI)に対する関係と類似している[1][2]。2010年以降、オンラインで研究用試薬として販売されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Chimica Therapeutica 1971;6(3):196.
  2. ^ Medicinal Chemistry Research 1996;6(6):412.