6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン
6,7-Methylenedioxy-2-aminotetralin2.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • Uncontrolled
投与方法 Oral
識別
CAS番号
101625-35-8 (自由塩基)
33446-21-8 (塩化水素塩)
ATCコード none
PubChem CID: 36483
ChemSpider 33531
化学的データ
化学式 C11H13NO2
分子量 191.223 g/mol

6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリンまたはMDATは、パデュー大学デヴィッド・E・ニコルズらによって開発された薬剤である[1]。ネズミを用いてこれをメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)と比較した実験によると、セロトニン放出薬英語版として作用することが示されている。この実験では、機能ではこれを代替したが、セロトニン性の神経毒性は示されなかった[1]。従って、MDATは、非神経毒性の、ヒトにとってエンタクトゲン英語版になりうる物質であると考えられている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Nichols DE, Brewster WK, Johnson MP, Oberlender R, Riggs RM (February 1990). “Nonneurotoxic tetralin and indan analogues of 3,4-(methylenedioxy)amphetamine (MDA)”. Journal of Medicinal Chemistry 33 (2): 703–10. doi:10.1021/jm00164a037. PMID 1967651.