2000ギニートライアルステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2000ギニートライアルステークス2000 Guineas Trial Stakes)はイギリスで行われていた競馬の競走

2000ギニーの前哨戦として、1986年まで行われていた。当時の格付けはG3。

2000ギニートライアルステークス
2000 Guineas Trial Stakes
競馬場 ソールズベリー競馬場
距離 芝7ハロン
(約1408メートル)
格付け G3(1986年)
賞金 1着賞金14,104ポンド(1986年)
賞金総額20,000ポンド(1986年)
出走条件 3歳牡馬・騙馬
テンプレートを表示

概要[編集]

2000ギニートライアルステークスは3歳牡馬の重賞でG3に格付けされていた。7ハロン(約1408メートル)で、毎年4月前半に行われていた。

かつて、この競走は2000ギニーの有力な前哨戦として知られていた。過去の勝馬・出走馬には、ペティショングレイソヴリンタルヤーサーアイヴァーザミンストレルなどの名競走馬・名種牡馬が並んでいる。また、1970年代から、1980年代にかけて、この競走の優勝馬がしばしば日本へ種牡馬として輸入されている。

歴史[編集]

ヘンリー8世ステークス[編集]

1950年代にロンドン近郊のハーストパーク競馬場(Hurst Park Racecourse)で行われていたヘンリー8世ステークスHenry VIII Stakes[1]が、本競走のルーツとされる[2]。この競走はハーストパーク競馬場の目玉競走で、4月に3歳牡馬を集めて1000ソヴリンの賞金を出していた[3][注 1]。 ヘンリー8世ステークスの過去の上位馬には、ペティションタルヤーグレイソヴリン、サヤジラオ (Sayajirao)などの名が残る[2]

アスコット2000ギニートライアル[編集]

1968年4月5日のアスコット競馬場で行われた「アスコット2000ギニートライアルステークス(The Ascot 2000 Guineas Trial Stakes)」にはエリザベス女王も臨席して行われ、サーアイヴァーが勝った[4]

アスコット2000ギニートライアルは、1971年にヨーロッパでグループ制が導入されると、G3に格付され、1977年までアスコットkeiba上で行われた[5]。1978年はニューマーケット競馬場で「アスコット2000ギニートライアルステークス」の名称のまま代替開催された[6]

ソールズベリー2000ギニートライアル[編集]

2000ギニートライアルステークスは、翌1979年にソールズベリー競馬場へ移転した[7]

なお、ソールズベリー競馬場では1950年代にも「ソールズベリー2000ギニートライアルステークス」が行われた記録がある[2]

ソールズベリー競馬場での2000ギニートライアルステークスは1986年まで行われたが、その年を最後に廃止された。

記録[編集]

最多勝騎手[編集]

  • グレヴィル・スターキー(en:Greville Starkey) - 5勝。1981年、1982年、1983年、1984年、1986年

最多勝調教師[編集]

  • ガイ・ハーウッド調教師(en:Guy Harwood) - 5勝。1981年、1982年、1983年、1984年、1986年

歴代勝馬[編集]

※*印は日本輸入馬。国際競走出走のための一時的なものも含む。

  • 1968: Sir Ivor
  • 1969: Ribofilio
  • 1970: Pithiviers
  • 1971: Good Bond
  • 1972: Grey Mirage
  • 1973: Midsummer Star
  • 1974: *ハバット
  • 1975: 中止
  • 1976: Relkino
  • 1977: The Minstrel
  • 1978: Derrylin
  • 1979: Lake City
  • 1980: Poyle Crusher
  • 1981: *レシテイション
  • 1982: Hays
  • 1983: Proclaim
  • 1984: *ルション
  • 1985: *リドヘイム
  • 1986: Zahdam

備考・その他[編集]

さまざまな「2000ギニートライアル」[編集]

「2000ギニートライアル」という表現は「2000ギニーの前哨戦」という意味で、より広く使われる場合がある。

なお、イギリス以外の「2000ギニートライアル」には次のようなものがある。

脚注[編集]

参考文献・出典[編集]

各回結果[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1000ソブリンは1000ポンドに相当し、1000ポンドは約952ギニーに相当する。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリスベンクリエメイル紙 1951年4月26日付 “Pushes Winner Home”2014年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c Galopp-Sieger Ascot 2000 Guineas Trial Stakes2014年5月1日閲覧。“Vorläufer-Rennen waren die 'Henry VIII Stakes' in Hurst Park.(この競走の前身はハーストパークの「ヘンリー8世ステークス」だった。)”
  3. ^ BIG HURST PARK CARD2014年5月1日閲覧。
  4. ^ E-BAY The Ascot 2000 Guineas Trial Stakes - SIR IVOR - 5th April 19682014年5月1日閲覧。
  5. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1977年4月2日付 "Trial double?"2014年5月1日閲覧。
  6. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1978年4月1日付 “Newmarket (from Ascot)”2014年5月1日閲覧。
  7. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1979年4月7日付 “Wonder boy will find it heavy going”2014年5月1日閲覧。
  8. ^ Godolphin Trio For UAE 2000 Guineas Trial2014年5月1日閲覧。
  9. ^ Horse Racing in Japan YAYOI SHO (Japanese 2,000 Guineas Trial)2014年5月1日閲覧。
  10. ^ HRN 2014Spring Stales(2000 Guineas Trial)2014年5月1日閲覧。

関連リンク[編集]