2,3-ジメチルブタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2,3-ジメチルブタン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 79-29-8 チェック
PubChem 6589
ChemSpider 6340 チェック
EC番号 201-193-6
国連/北米番号 2457
MeSH 2,3-dimethylbutane
RTECS番号 EJ9350000
バイルシュタイン 1730737
特性
化学式 C6H14
モル質量 86.18 g mol−1
外観 無色透明の液体
嗅覚閾値 130ppm[2]
密度 662 mg mL−1
融点

-136~-124℃

沸点

57.9~58.3℃

への溶解度 23.8mg/L (25℃)[2]
有機溶媒への溶解度 アセトンに易溶
エーテルエタノールに可溶
蒸気圧 26.1 kPa (at 21.1 °C)
kH 7.6 nmol Pa−1 kg−1
屈折率 (nD) 1.375
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −208.0–−206.0 kJ mol−1
標準燃焼熱 ΔcHo −4.1558–−4.1540 MJ mol−1
標準モルエントロピー So 278.85 J K−1 mol−1
標準定圧モル比熱, Cpo 189.02 J K−1 mol−1
危険性
GHSピクトグラム 可燃性 急性毒性(低毒性) 経口・吸飲による有害性 水生環境への有害性
GHSシグナルワード DANGER
Hフレーズ H225, H304, H315, H336, H411
Pフレーズ P210, P261, P273, P301+310, P331
EU分類 強い可燃性 F 有害 Xn 環境への危険性 N
EU Index 601-007-00-7
Rフレーズ R11, R38, R65, R67, R51/53
Sフレーズ (S2), S16, S29, S33
引火点 −29 °C (−20 °F; 244 K)
発火点 420 °C (788 °F; 693 K)
爆発限界 1.2–7.7%
許容曝露限界 none[3]
関連する物質
関連するアルカン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2,3-ジメチルブタン: 2,2-Dimethylbutane)は、化学式C6H14(示性式 (CH3)2CHCH(CH3)2)で表されるアルカンで、ヘキサン構造異性体の一種である。ジイソプロピルの別名で知られる。

製造[編集]

ジエチルエーテルの存在下で、ヨウ化イソプロピルナトリウムで還元することによって得ることができる。ドイツの化学者カールショールレマー英語版が最初にこの経路で合成した[4]

安全性[編集]

日本の消防法では、危険物第4類第1石油類(非水溶性)に区分される[2]

脚注[編集]

  1. ^ 2,3-dimethylbutane - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2012年3月10日閲覧。
  2. ^ a b c 2,3-ジメチルブタン東京化成工業
  3. ^ NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards 0323
  4. ^  Zeitschrift für die gesammten Naturwissenschaften, Band 31. 1868 (Seite 43, p. 43, - Google ブックス).