1998 WW31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「1998 WW31」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
1998 WW31
Artist's impression of 1998 WW31.jpg
1998 WW31衛星の想像図。
分類 太陽系外縁天体[1]
軌道の種類 キュビワノ族[2]
発見
発見日 1998年11月18日[3]
発見者 DES
軌道要素と性質
元期:TDB 2456200.5 (2012年9月30.0日)[1]
軌道長半径 (a) 44.91 ± 0.02 AU[1]
近日点距離 (q) 41.23 ± 0.02 AU[1]
遠日点距離 (Q) 48.60 ± 0.02 AU[1]
離心率 (e) 0.0820 ± 0.0002[1]
公転周期 (P) 109945 ± 64 日[1]
(301 年[1])
軌道傾斜角 (i) 006.7787 ± 0.0005 度[1]
近日点引数 (ω) 054.7 ± 0.2 度[1]
昇交点黄経 (Ω) 237.0614 ± 0.0003 度[1]
平均近点角 (M) 129.5 ± 0.3 度[1]
前回近日点通過 JED 2416658 ± 58[1]
(1904年1月26日[1])
衛星の数 1[4]
物理的性質
直径 133 ± 15 km[4]
148 km[2]
質量 1.7 × 1018 kg[4]
平均密度 1.5 g/cm3(仮定)[4]
絶対等級 (H) 6.5877 ± 0.36886[1]
アルベド(反射能) 0.07 ± 0.02[4]
色指数 (R-J) 1.49 ± 0.21[4]
色指数 (J-H) 0.34 ± 0.23[4]
色指数 (H-K) -0.32 ± 0.38[4]
別名称
別名称
1998 WW31[1]
J98W31W[3]
■Project ■Template

1998 WW31とは、キュビワノ族に属する太陽系外縁天体の1つである[1]

概要[編集]

1998 WW311998年11月18日に発見された。1998 WW31は太陽から約45AU離れた位置を約300年かけて公転している小惑星である。離心率は約0.08と真円に近く、軌道傾斜角も約6.8度である。軌道要素の各値には、まだ不確かさが大きいものもある[1]

絶対等級は約6.6等級[1]であり、アルベドは0.07と推定されている。それらから計算される直径は約133kmであり、平均密度を1.5g/cm3とすると、質量は1.7×1018kgとなる[4]

衛星[編集]

1998 WW31には、2000年12月23日S/2000 (1998 WW31) 1という衛星が1つ発見されている。1998 WW31の発見時の画像には、1998 WW31は細長い天体としか写っていなかったが、2000年の画像でははっきりと2つの天体に分離できたことから発見された。これは冥王星以降で発見された最初の小惑星の衛星である。衛星の直径は約110kmであり、主星である1998 WW31の約83%もある巨大な衛星である。そのため、1998 WW31とS/2000 (1998 WW31) 1は、主星と伴星というよりは、二重小惑星の関係にある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s (1998 WW31) JPL Small-Body Database Browser
  2. ^ a b List of Known Trans-Neptunian Objects Johnston's Archive
  3. ^ a b MPEC 1999-B24 : 1998 WW31 Minor Planet Center
  4. ^ a b c d e f g h i j 1998 WW31 and S/2000 (1998 WW31) 1 Johnston's Archive

関連項目[編集]