1848年ハンガリー革命に於ける十二か条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

1848年ハンガリー革命に於ける十二か条は、1848年の「ハンガリー革命」(ハンガリー王国が、ハプスブルク朝の下にあるオーストリア帝国からの独立を求めた革命)の際に、帝政に受け入れを要求した具体的な12の事柄。 タイトルは【ハンガリー国民の要求】(Mit kiván a magyar nemzet.)とされ、以下の言葉が並ぶ。

平和、自由、そして合意を[編集]

  1. 報道の自由の確立と検閲の廃止
  2. 責任内閣の樹立
  3. 年次国会の開催
  4. 階級や宗教における法の下での平等
  5. 国防軍の創設
  6. 税負担の平等性の実現
  7. 封建制農奴制の廃止
  8. 公平な裁判制度の確立
  9. 国立銀行の設立
  10. 外国軍の撤退、憲法に忠誠を誓ったハンガリー人兵による国防
  11. 政治犯の釈放
  12. トランシルバニアの併合