10日間で男を上手にフル方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
10日間で男を上手にフル方法
How to Lose a Guy in 10 Days
監督 ドナルド・ペトリ
脚本 クリステン・バックリー
ブライアン・リーガン
バー・スティアーズ
原作 ミシェル・アレクサンダー
ジェニー・ロング
製作 ロバート・エヴァンス
クリスティーン・フォーサイス=ピータース
リンダ・オブスト
製作総指揮 リチャード・ヴェイン
出演者 ケイト・ハドソン
マシュー・マコノヒー
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ジョン・ベイリー
編集 デブラ・ニール=フィッシャー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年2月7日
日本の旗 2003年8月9日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $177,371,441[1]
テンプレートを表示

10日間で男を上手にフル方法』(原題: How to Lose a Guy in 10 Days)は、2003年アメリカ映画ドナルド・ペトリ監督によるロマンティック・コメディ。主演はケイト・ハドソンマシュー・マコノヒー

アメリカでは2003年1月27日プレミア上映されたのち、2003年2月7日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。その後も好成績を維持し、トップ10内に7週間いた。日本では同年8月9日日比谷映画系列で公開され、週末興行成績(全国9大都市集計)では初登場7位となり、同日封切り作品のなかではトップの成績となった。

あらすじ[編集]

ニューヨークにある女性ファッション誌「コンポージャー」 (Composure) の記者、アンディ・アンダーソン(ケイト・ハドソン)は、社会派の記事を書く夢を持ちながらも、女性向けのハウツー記事しか書かせてもらえない日常に悶々としていた。ある日の編集会議で、彼氏に振られてしまった同僚ミシェル(キャスリン・ハーン)が記事のネタにされそうになっていたところ、アンディは「男を失う方法」 (How to lose a guy) という記事を書いてはどうか?と提案する。映画館でベタベタしたり、いきなり不機嫌になったり、仕事中に電話をかけてきたり…こんなことをしていては振られてしまいますよ、という逆ハウツー記事というわけだ。編集長の鶴の一声で採用されたものの、アンディは残り10日間のうちに男性と付き合い、相手にうんざりさせるためのあの手この手を駆使して振られ、それを記事にしなければならなくなってしまった。

一方、広告代理店に勤めるベンジャミン・バリー(マシュー・マコノヒー)は、ダイヤモンドの最大手「デラウェア」 (Delaware) の契約権をめぐって同僚と争っていた。「あんたみたいな男に、ダイヤを欲しがる女性の気持ちが分かるとは思えない」との売り言葉に「俺は女性の気持ちが分かる、どんな女でも落としてみせる!」と言い放ったベン。このセリフを聞いた上司から、10日後のパーティーまでに指定された女性を落として連れてくれば契約はお前のもの、失敗すれば契約は相手のものだ、というゲームをけしかけられてしまう。

なんとしてでも女性を落とさなければならなくなったベン。しかし指定された相手とは、なんと記事のためにカモを捜しているアンディだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アンディ・アンダーソン ケイト・ハドソン 斎藤恵理
ベンジャミン・バリー マシュー・マコノヒー 森田順平
ミシェル キャスリン・ハーン 魏涼子
ジャニーン アニー・パリッセ 工藤千草
トニー アダム・ゴールドバーグ 鳥畑洋人
セア トーマス・レノン 檀臣幸
ジュディ・スピアーズ マイケル・ミシェル 藤井千夏
ジュディ・グリーン シャローム・ハーロウ 塩山由佳
フィリップ・ウォーレン ロバート・クライン 石波義人
ラナ・ジャン ビビ・ニューワース 藤生聖子
本人役 マーヴィン・ハムリッシュ(カメオ出演)

舞台設定[編集]

ニューヨークのマンハッタンが舞台であり、コンデ・ナスト・ビルディングスタテン島マディソン・スクエア・ガーデンなどが登場する。撮影は9.11テロの直後であったが、多くのニューヨーク市民がエキストラとして登場し、街並みを活気あるもとのしている。また別に、カナダトロントでもロケが行われた。

参考文献[編集]

  1. ^ How to Lose a Guy in 10 Days”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]