龍峰寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
龍峰寺
Ryuhoji, Ebina.jpg
本堂
所在地 神奈川県海老名市国分北2-13-14
位置 北緯35度27分40.7秒 東経139度24分5秒 / 北緯35.461306度 東経139.40139度 / 35.461306; 139.40139座標: 北緯35度27分40.7秒 東経139度24分5秒 / 北緯35.461306度 東経139.40139度 / 35.461306; 139.40139
山号 瑞雲山
宗旨 臨済宗
宗派 臨済宗建長寺派
創建年 1341年(南朝:興国2年、北朝:暦応4年)
文化財 木造千手観音立像(国の重要文化財)
地図
龍峰寺の位置(神奈川県内)
龍峰寺
法人番号 5021005004896
テンプレートを表示

龍峰寺(りゅうほうじ)は、神奈川県海老名市国分北にある臨済宗建長寺派の寺院。寺紋は「丸に笹竜胆」と「北条鱗」。

歴史[編集]

龍峰寺は、円光大照禅師によって室町時代初期(南北朝時代)の1341年南朝興国2年、北朝暦応4年)に現在の海老名市立海老名中学校(国分南3丁目)のあたりに創建され、昭和初期に清水寺(せいすいじ)の寺地に当たる現在地に移された。 清水寺は1689年(元禄2年)大松原山上近くに移され、現在は龍峰寺に管理が委ねられている。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 木造千手観音立像 - 鎌倉時代初期。像高192cm。もと清水寺の本尊であった。42本の手のうちの2本を頭上で組む像容は、京都の清水寺本尊像と共通するもので、「清水寺形千手観音」と称されるものである。一木造であるが、面部を仮面状に矧ぎ、玉眼を嵌入する特異な構造になる。御開帳は1月1日と3月17日。

所在地[編集]

  • 神奈川県海老名市国分北2-13-14

参考文献[編集]

  • 久野健監修、川尻祐治編『関東古寺の仏像』、芸艸堂、1976
  • 奈良国立博物館・NHKプラネット近畿編 『西国三十三所 観音霊場の祈りと美』(特別展図録)、奈良国立博物館、名古屋市博物館、NHKプラネット近畿、NHKサービスセンター刊、2008

外部リンク[編集]