黒田慶太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒田 慶太郎(くろだ けいたろう、明治15年(1882年)2月 - 没年不明)は、日本実業家中国にあった日系紡績会社、上海紡織(シャンボウ)の代表取締役会長として戦前上海に暮らした[1]

今上天皇女婿黒田慶樹の祖父。

経歴[編集]

大阪府堺市出身。黒田吉三郎の長男[2]

明治37年(1904年東京高等商業学校(現・一橋大学)卒業[3]三井物産会社勤務を経て上海紡織に転じる[3]

終戦と同時に上海紡織はなくなり、黒田一家は日本へ引き揚げ[1]

人物像[編集]

  • 黒田について『第五版 財界人物選集』(1939年、560頁)には、「在華紡織界の指導的人材として知らる」とある。

家族・親族[編集]

黒田家[編集]

大阪府堺市東京都
  • 妻・チカ子(多賀武次郎の長女[3]
明治28年(1895年)生[3] - 没
  • 六女[1](長女・徳子は子爵税所家に嫁ぐ[1]

参考文献[編集]

  • 『第五版 財界人物選集』(1939年、560頁)
  • 文藝春秋』(2005年、新年特別号、94-103頁)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 文藝春秋』(2005年、新年特別号)98頁
  2. ^ 『財界人物選集』(1939年、560頁)より。
  3. ^ a b c d 『人事興信録. 13版』(昭和16年)上ク七六