麻生繁樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麻生 繁樹(あそう しげき、1900年明治33年)1月15日 - 1996年平成8年)6月21日)は、日本の教育者。学校法人麻生学園創立者、山口短期大学学長、修紅短期大学学長。

略歴[編集]

1900年(明治33年)1月15日、福岡県福岡市に生まれる。1930年昭和5年)に法政大学高等師範部国語漢文科を卒業する。

1935年(昭和10年)に戸畑市立戸畑高等女学校校長に就任し、以降福岡県視学官・教学官、福岡県立福丸高等学校校長、福岡県立糸島女子高等学校校長を歴任する。

1959年(昭和34年)に宮竹幼稚園を開設し、1964年(昭和39年)に麻生学園を設立し、理事長に就任する。1965年(昭和40年)に福岡教員養成所を開設し、学長に、1977年(昭和52年)に山口学園を継承し理事長、山口工業短期大学学長に就任する。

1978年(昭和53年)に第二麻生学園山口短期大学と改称し理事長・学長に、1984年(昭和59年)に修紅学院理事長、修紅短期大学学長に就任し、1985年(昭和60年)に第一麻生学園麻生東北短期大学と改称し、理事長・学長に就任する。

1996年(平成8年)6月21日に死去、96歳。

人物[編集]

1972年(昭和47年)に勲五等瑞宝章日本赤十字社金色有功章1973年(昭和48年)に米国インターナショナルユニバーシティ功績章1987年(昭和62年)に勲三等瑞宝章を受章する。

著書[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]