鹿児島県道31号加世田川辺線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
鹿児島県道31号標識
鹿児島県道31号 加世田川辺線
主要地方道 加世田川辺線
総延長 6.880 Km[1]
起点 南さつま市加世田本町【地図
終点 南九州市川辺町永田【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0270.svg 国道270号
Japanese National Route Sign 0225.svg 国道225号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

鹿児島県道31号加世田川辺線(かごしまけんどう31ごう かせだかわなべせん)は、鹿児島県南さつま市加世田本町から南九州市川辺町永田に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

かつては「笠沙川辺線」という路線名であったが、南さつま市加世田本町から南さつま市笠沙町までの区間が国道226号に昇格したため改められた。

路線データ[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道270号(南さつま市加世田本町・本町交差点、起点)
  • 国道225号(南九州市川辺町永田・永田交差点、終点)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『平成20年度道路現況調書』 - 鹿児島県土木部道路維持課 P.9
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]