鵜飼康東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鵜飼 康東(うかい やすはる、1946年6月20日 - )は、日本の経済学者歌人関西大学名誉教授[1]。President, The Society of Socionetwork Strategies[2]。現代歌人協会会員。日本文藝家協会会員。滋賀県出身。

人物[編集]

経済学者としては、デール・ジョルゲンソンハーバード大学教授)、藤野正三郎(一橋大学名誉教授)[3]の弟子。新自由主義者である。

情報通信ICT資本が経済に与える影響の分析における日本での先駆者。『季刊政策分析』共同編集長(2004-)。Co-Editor-in-Chief, The Review of Socionetwork Strategies, Springer[4](2006-2016).

歌人としては、アララギ系歌人佐藤佐太郎の最晩年の弟子。1974年に「テクノクラットのなかに」で角川短歌賞[5]を受賞している。 処女歌集『断片』(1980年角川書店が、道浦母都子の歌集『無援の抒情』(1980年)雁書館とともに第25回現代歌人協会賞候補になる。1981年現代歌人協会会員に推薦さる。

伊藤元重原田泰と「政策分析ネットワーク」の共同代表を2005-2011年に務めていた。以後、顧問会議議長。経済理論を現実の政策に応用する啓蒙活動にも熱心である。

元ゼミナール所属学生に青木博明(阪南大学教授)、渡邊真治(大阪府立大学教授)、竹村敏彦佐賀大学准教授)、中元康裕(関西大学准教授)がいる。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1975年4月 関西大学経済学部・専任講師
  • 1980年4月 関西大学経済学部・助教授
  • 1981年7月 ハーバード大学経済学部・フルブライト研究員(1983年3月まで)
  • 1989年7月 オックスフォード大学セント・アンソニーズ・カレッジ・シニア・アソシエート(1990年8月まで)
  • 1994年4月 関西大学総合情報学部・教授(2014年3月まで)
  • 2004年7月 The Society of Socionetwork Strategies・President
  • 2007年4月 政策分析ネットワーク・共同代表(2011年3月まで)
  • 2008年7月 関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構・機構長(2013年3月まで)
  • 2014年4月 関西大学名誉教授
  • 2014年4月 関西大学政策創造学部・特別任用教授(2015年3月まで)
  • 2015年6月 大阪府大阪産業経済リサーチセンター・客員研究員(2019年3月まで)

主著[編集]

  • 第1歌集『断片』(角川書店、1980年)
  • 『市場と正義―経済理論と日本社会の葛藤』(関西大学出版部、2002年)
  • Economic Analysis of Information System Investment in Banking Industry(Springer、2005年)
  • 第2歌集『ソシオネットワーク』(角川書店、2005年)
  • 第1歌集文庫『断片』(現代短歌社、2014年)
  • 第3歌集『美と真実』(KADOKAWA、2015年)
  • 『情報社会の伝統詩』(関西大学出版部、2018年)

啓蒙活動[編集]

  • 「「海外進出」を禁句にせよ」(『文藝春秋』第66巻第2号、1988年)
  • 「「東京一極集中」は崩壊する-地方都市の地価高騰は間近に迫った大脱出の予兆だ-」(『Voice』第142号、1989年)
  • 「ラジカル資本主義のすすめ」(『週刊エコノミスト』第72巻第41号、1994年)
  • 「財政再建時代の介護保険制度のあり方-介護認定で嘘の申告をさせないために-」(『週刊東洋経済』第5648号、2000年)
  • 「銀行のIT化、人材がカギ」[6](『日本経済新聞』、2002年1月22日)
  • 「迷惑メールによる経済的損失-10年後、GDPの1%に-」[7](『日本経済新聞』、2010年10月11日)
  • 「情報通信技術と賃金の関係-移動端末の効果が急上昇-」[8](『日本経済新聞』、2013年7月15日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関西大学名誉教授(総合情報学部推薦)|教員紹介|関西大学総合情報学部・大学院総合情報学研究科” (日本語). www.kansai-u.ac.jp. 2018年5月18日閲覧。
  2. ^ The Society of Socionetwork Strategies”. 2018年5月28日閲覧。
  3. ^ 一橋大学機関リポジトリ” (日本語). 2018年5月28日閲覧。
  4. ^ The Review of Socionetwork Strategies - Springer” (英語). link.springer.com. 2018年5月18日閲覧。
  5. ^ 角川文化振興財団[角川短歌賞]” (日本語). www.kadokawa-zaidan.or.jp. 2018年5月18日閲覧。
  6. ^ 銀行のIT化、人材がカギ、設備は米に劣らず”. 2018年5月18日閲覧。
  7. ^ 迷惑メールによる経済的損失”. 2018年5月18日閲覧。
  8. ^ 情報通信技術と賃金の関係”. 2018年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]