鴨川奨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨川 奨 Football pictogram.svg
名前
愛称 カモショウ
カタカナ カモガワ ショウ
ラテン文字 KAMOGAWA Sho
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-02-07) 1983年2月7日(35歳)
出身地 大分県別府市
身長 179cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007
2008
2009-2011
名古屋グランパスエイト
ファジアーノ岡山FC
HOYO AC ELAN大分
7 (3)
6 (0)
? (?)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年1月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鴨川 奨(かもがわ しょう、1983年2月7日 - )は、大分県別府市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時のポジションはフォワード

来歴[編集]

順天堂大学在籍中の2004年に関東大学リーグ得点王(14得点)になり、翌年にJ1名古屋グランパスエイトに入団[1]。1年目は5試合の出場で3得点を挙げた。しかしその後、度重なる負傷に泣かされ、試合どころか練習にも満足に参加できない状態に陥り[要出典]、3年目の2007年に戦力外通告を受ける[2]サンフレッチェ広島[3]大分トリニータなどの入団テストを受けたが、能力の高さを認められつつも故障の多さがネックになって獲得に至らず、浪人状態を続けた。[要出典]

2008年7月、シーズン途中から当時JFL所属のファジアーノ岡山へ入団。シーズン終了をもって退団した。

2009年から、当時大分県社会人サッカーリーグ1部のHOYO Atletico ELAN大分(現・ヴェルスパ大分)へ移籍。2011年シーズン終了後に現役引退[4]

2012年、H大分(V大分)のヘッドコーチに就任。2013年は強化部長に異動。更に兼任でアシスタントコーチも務めた。2015年を以って強化部長を退任し、V大分を退団。2017年6月、別府FCミネルバのアカデミーダイレクターに就任した[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 名古屋 15 J1 5 3 0 0 1 0 6 3
2006 2 0 3 1 0 0 5 1
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 岡山 32 JFL 6 0 - 3 3 9 3
2009 H大分 15 大分県1部 - -
2010 九州 8 0 - 0 0 8 0
2011 6 2 - 0 0 6 2
通算 日本 J1 7 3 3 1 1 0 11 4
日本 JFL 6 0 - 3 3 9 3
日本 九州 14 2 - 0 0 14 2
日本 大分県1部 - -
総通算 27 5 3 1 4 3 34 9

指導歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2005年度 新加入選手内定のお知らせ”. J's GOALアーカイブ (2004年12月4日). 2018年6月18日閲覧。
  2. ^ 契約満了選手のお知らせ”. J's GOALアーカイブ (2007年12月2日). 2018年6月18日閲覧。
  3. ^ 中国新聞(Internet Archive) (2006年9月3日). “鴨川、練習試合で鮮烈ハット”. 2009年8月16日閲覧。
  4. ^ HOYO AC ELAN大分 (2011年1月7日). “鴨川奨選手 現役引退のお知らせ”. 2011年1月7日閲覧。
  5. ^ “鴨川奨 アカデミーダイレクター就任のお知らせ” (プレスリリース), 別府FCミネルバ, (2017年6月23日), http://fc-minerva.net/news/2017/06/23/%E9%B4%A8%E5%B7%9D%E5%A5%A8%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 2018年6月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]