鳥類学者のファンタジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥類学者のファンタジア』(ちょうるいがくしゃのファンタジア)は、奥泉光の長編SF小説集英社から刊行されている文芸雑誌『すばる』に1998年11月号から2000年8月号まで連載され、2001年4月10日に書籍化された。雑誌掲載時タイトルは『フォギー 憧れの霧子』。

第22回(2001年日本SF大賞の候補に挙げられた。2008年望月玲子作画で漫画化され、講談社(KCデラックス)から単行本が刊行されている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

  • 池永希梨子 (フォギー)
  • 佐和子
  • 加藤
  • 曾根崎霧子
  • ギュンター・シュルツ
  • トーマス・ハッファー
  • 木崎孝之
  • 雨宮道祐
  • ケプラー
  • 脇岡孝太郎左衛門
  • メギス夫人
  • コフマン少佐
  • ハンス・プロシュノフ
  • 岩波大尉
  • パパゲーノ
  • バッハ

関連項目[編集]