鯨岡仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くじらおか ひとし
鯨岡 仁
生誕日本の旗 日本 東京都足立区
出身校早稲田大学
職業新聞記者
活動期間1999年 -

鯨岡 仁(くじらおか ひとし、1976年- )は、朝日新聞記者、ジャーナリスト

来歴[編集]

1976年、東京都足立区生まれ。早稲田大学卒業。学生時代は4年間、リーマン・ブラザーズ東京支店でアルバイトをしていた[1]

1999年、日本経済新聞社入社。2003年、朝日新聞に移り、政治部に配属。小泉純一郎首相番記者、首相官邸外務省防衛省民主党野党クラブ)などを担当。2008年に経済部に異動し、日本銀行を担当。この間、リーマン・ショックに端を発した金融危機を取材。社会保障と税の一体改革、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉、内閣府金融庁財務省自民党平河クラブ)、首相官邸(2度目)、経済産業省などの取材を担当[2][3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『安倍晋三と社会主義 アベノミクスは日本に何をもたらしたか 』(朝日新書、2020年)
  • 『日銀と政治 暗闘の20年史』(朝日新聞出版、2017年)
  • 『ドキュメントTPP交渉 アジア経済覇権の行方』(東洋経済新報社、2016年)

共著[編集]

  • 『この国を揺るがす男 安倍晋三とは何者か』(筑摩書房、2016年)

脚注 [編集]

外部リンク[編集]