鬼頭季郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鬼頭 季郎(きとう すえお、1941年3月10日[1] - )は、日本の元裁判官弁護士西村あさひ法律事務所カウンセル)。元内閣府情報公開・個人情報保護審査会会長。愛知県名古屋市港区南陽町出身。裁判官の鬼頭史郎は実兄。[要出典]

人物[編集]

東京高裁ではライブドアによるニッポン放送敵対的買収事件など企業法務で著名な事件を担当。旭川地方裁判所所長時代には、組織的犯罪対策法案の骨子を盗聴法案だとして朝日新聞の読者欄に批判投稿した寺西和史判事補を厳重注意処分とした。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『司法大観』p.134(法曹会、1967年)


先代:
N/A
旭川地方裁判所所長
1996年 - 1997年
次代:
吉本徹也