高森八四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
髙森八四郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙森八四郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙森 八四郎(たかもり はちしろう、1942年- )は、日本法学者弁護士関西大学名誉教授、朝日大学法学部、同大学院法学研究科教授。専門は民法北海道勇払郡厚真町出身。

略歴[編集]

  • 1966年 名城大学法学部法律学科卒業
  • 1968年 名古屋大学大学院法学研究科私法学専攻修士課程修了
  • 1971年 名古屋大学大学院法学研究科私法学専攻博士課程単位取得満期退学
  • 1972年 関西大学法学部専任講師
  • 1975年 関西大学法学部助教授
  • 1982年 関西大学法学部教授
    • 学生部長、教学部長(現・副学長)、就職部長を歴任
  • 2000年 日本私法学会理事
  • 2004年 関西大学名誉教授、甲南大学法科大学院教授
  • 2008年 東海大学法科大学院教授
  • 2009年 朝日大学法学部、同大学院法学研究科教授

業績[編集]

著書[編集]

  • 『法律行為論の研究』(関大出版部/1991年10月)
  • 『示談と損害賠償』(関大出版部/1995年2月)
  • 『民法講義1総則』(法律文化社/1996年4月)
  • 『表見代理理論の再構成』(法律文化社/1990年11月、共著者髙森哉子