コンテンツにスキップ

高階敏忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
高階敏忠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 永祚2年6月20日990年7月14日
官位 従五位上右衛門権佐
主君 一条天皇
氏族 高階氏
父母 父:高階良臣
兄弟 敏忠成忠
業遠
テンプレートを表示

高階 敏忠(たかしな の としただ)は、平安時代中期の貴族右近衛中将高階師尚の孫で、宮内卿高階良臣の子。官位従五位上左衛門権佐

経歴[編集]

永延2年(988年)正月の除目で肥前国司に任ぜられる。右衛門権佐を経て、永延3年(989年摂津守に任ぜられる。この時、左衛門権佐を務めていた。位階は従五位上に至る。永祚2年(990年)6月20日に頓死した。

歌人として活動した高階貴子(儀同三司母)や、源兼俊母は兄弟の成忠の系統だが、敏忠の系統からは院政期に活動した高階栄子や、高階泰経などが出ている。

官歴[編集]

  • 永延2年(988年)正月29日:肥前国司[1]。閏5月9日:見右衛門権佐[1]
  • 時期不明:従五位上[2]。左衛門権佐
  • 永延3年(989年)4月5日:兼摂津守、左衛門権佐如元[1]
  • 永祚2年(990年)6月20日:卒去[3]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『小右記』
  2. ^ 『尊卑分脈』高階氏
  3. ^ 『小記目録』

参考文献[編集]