高縄石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高縄石(たかなわせき、 Takanawaite-(Y))は2013年に発表された新鉱物で、東京大学鉱物学者浜根大輔などにより、愛媛県松山市高縄山の花崗岩中から発見された[1]化学組成はY(Ta,Nb)O4で、単斜晶系。岩代石(Iwashiroite-(Y))、Formanite-(Y)、Yttorotantaliteの同質異像である。発見地の山の名から命名された。

脚注[編集]

  1. ^ Nishio-Hamane, D. et al. (2013): Takanawaite-(Y), a new mineral of the M-type polymorph with Y(Ta,Nb)O4 from Takanawa Mountain, Ehime Prefecture, Japan. Jour. Mineral. Petrol. Sci., 108, 335-344.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]