高橋節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 節(たかはし たかし、1950年2月3日 - )は、日本地方公務員山形県副知事や、山形県スポーツ振興21世紀協会理事長モンテディオ山形代表取締役社長等を務めた。

人物・経歴[編集]

山形県村山市出身[1]山形県立山形南高等学校を経て[2]、1972年山形大学人文学部卒業、山形県入庁。財政課に長く勤務し、2001年に東京事務所長就任。2004年農林水産部長。2006年庄内総合支庁長。2008年健康福祉部長。2009年退職[3]

同年から副知事及び公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会副理事長を務め、東日本大震災への対応などにあたった。2012年から公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会理事長も兼務した[1][3]。2013年退任。同年から株式会社モンテディオ山形代表取締役社長を務めたが、2015年にモンテディオのJ2リーグ降格を受け退任した[3][4]。2016年株式会社じもとホールディングス監査役[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「卒原発」県がリードして朝日新聞デジタル2013年3月25日
  2. ^ 「Untitled - 」山形南高東京同窓会
  3. ^ a b c d 第5期 有価証券報告書(1,806KB)じもとホールディングス
  4. ^ 山形に社長退任騒動勃発 降格の責任問う株主の声日刊スポーツ015年11月20日11時4分
先代:
川越進
山形県スポーツ振興21世紀協会理事長
2012年 - 2014年
次代:
細谷知行
先代:
(新設)
モンテディオ山形社長
2013年 - 2015年
次代:
森谷俊雄