高橋卓志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 卓志(たかはし たくし、1948年12月4日 - )は、日本臨済宗僧侶神宮寺住職評論家

長野県東筑摩郡本郷村(現松本市)生まれ。長野県松本深志高等学校を経て龍谷大学卒、同大学院東洋史学科中退。海清寺専門道場で修行し、山田無文老師に従って、太平洋戦争の南方戦地跡での戦没者遺骨収集事業に携わる。

その後、1976年に神宮寺に入る。1981年、筑摩工芸研究所、1991年日本チェルノブイリ連帯基金の設立に参加。

長野県NPOセンター代表、ライフデザインセンター代表、ケアタウン浅間温泉代表理事、アクセス21代表。龍谷大学社会学部大学院客員教授

著書[編集]

共著[編集]

出演[編集]

参考[編集]