駿河次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駿河 次郎(するが じろう、生没年不詳)は、平安時代末期の人物で源義経郎党。名は清重といわれるが、その名は江戸時代に後付けされたものである。義経四天王の一人といわれる。中間、雑色などと呼ばれ身分は低い。

元は猟師だったという。初めは源頼朝の家臣だったが、治承4年(1180年)10月頃に源義経の郎党になる。その後、義経に従って宇治川の戦い一ノ谷の戦い屋島の戦い壇ノ浦の戦いなどに参陣。平氏滅亡後、『源平盛衰記』では義経の命で捕虜となった平宗盛の子・副将を斬る。『義経記』では義経追討の院宣を受けて現れた刺客土佐坊昌俊らを撃退、後にこれを六条河原で斬首している。

なお、駿河次郎の存在が書かれているのは『源平盛衰記』『義経記』などの物語のみであり、同時代の史料や鎌倉幕府編纂の史書『吾妻鏡』などには見られない。