馮習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馮習
成都武侯祠の馮習塑像(中央)
成都武侯祠の馮習塑像(中央)
蜀漢
領軍将軍
出生 生年不詳
荊州南郡(現在の河南省羅山県
死去 章武2年(222年
荊州宜都郡(現在の湖北省宜昌市
拼音 Féng Xí
休元
主君 劉備

馮 習(ふう しゅう、? - 222年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての人物。休元荊州南郡の人。

生涯[編集]

入蜀時、劉備と共に益州へ侵攻した。

その後、221年夷陵の戦いでは、劉備から領軍将軍に任命され諸軍を指揮した。馮習は呉班とともに、李異劉阿らを打ち破ったが、翌年に陸遜の反撃を受けて軍が大敗し、自身も乱戦の中で潘璋の部下に斬られた。

三国志蜀書楊戯伝』や『季漢輔臣賛』では、「蜀軍があのような惨めな大敗を喫したのは、馮習が呉軍を侮っていたためである」と、厳しく非難している。

関連項目[編集]